※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キマイラChimera


衆生門百獣綱に属すと思われる合成獣。
バインディングコイルに登場するプロトキマイラ(原初のキメラ)の存在から、
キメラ生物の合成に長けていたという古代アラグ帝国の産物であると予測できる。
獅子と山羊、龍の頭を有す異形の魔獣。
複数の獣の特徴を併せ持つことから、神々が戯れに創り出したとも、邪悪な魔道士の研究成果とも言われているが……。
~公式プロモサイトより

出典

「キマイラ(Chimera)」は、ギリシャ神話に登場する怪物。
テュポーンとエキドナの娘とされ、獅子の頭と山羊の胴体、毒蛇の尻尾を持つ、
あるいは、それぞれの頭を持つとされる合成獣。
FFシリーズでは、初代FF1にて「キメラ」の名称で登場して以降、たびたび出演している。
その他の同系統モンスターの由来は、以下のとおり。
名称 英名 出現 由来
ゴーキマイラ Gorgimera 北ザナラーンのF.A.T.E. FF1に「ゴーキメラ」、FF2に「ゴーギマイラ」、FF5に「ゴーキマイラ」という名称で登場。
D&Dに登場するゴーゴンとキメラの合成生物「Gorgimera」に由来すると言われている。
FFシリーズでは、概ねキマイラの上位種として登場する
ドルムキマイラ Dhorme Chimera 古の武器クエスト FF5にて初登場したモンスター
プロトキマイラ Proto-Chimera 大迷宮バハムート:侵攻編2 「原初のキメラ」の意