※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ファンガー Funguar


衆生門草木綱に属す移動性のキノコ。
黒衣森などの森林地帯や湿気の多い場所に生息する。
森林や洞穴など湿潤な環境を好む移動性の菌類。
独特の食感があり、エオルゼアでは好んで食用とされる。
極度に乾燥に弱いにも関わらず、同属が世界中に分布するため、その拡散過程が学会における議論の的になってきた。
~『エオルゼア通信 Vol.1』より

マルセットによる学説

博物学者マルセットによれば、動物がファンガーの胞子を吸い込むと体内で発芽して脳を支配するという。
脳を支配された動物は、「動く植木鉢」状態となりファンガーが好む湿潤な場所まで移動。
そして最初の苗床になるという。
これにより乾燥地帯を飛び越え、世界全域に拡散したものと思われる。

亜種

亜種としては、紫色の傘を持つ毒性の強い「マイコニド」が存在する。
添付ファイル