※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドレイク Drake


衆生門甲鱗綱に属す肉食のトカゲ。

長距離にわたって追跡し、疲れた獲物を灼熱の炎息で焼き殺してから食する、凶暴な大型地竜。
アマルジャ族の使役獣として知られ、乗竜や車竜、猟竜と幅広く利用されている。
ビアストは炎の代わりに雷を武器とする亜種。
~『エオルゼア通信 Vol.1』より

アマルジャ族による使役

遊牧民であるアマルジャ族は、パガルザンでトカゲ(ドレイク)を追って生活しているという。
ザナラーンに進軍したアマルジャ軍も、多数の戦闘用の「バトルドレイク」を持ち込んでいる。
これらのドレイクは品種改良されたもので、刺具で闘争本能を高め、身体に刻んだ魔紋で強化しているという。
また、「灰の一党」では乗用の「キャバルリー・ドレイク」を飼育、利用している。

亜種

紫色の鱗を持ち、雷を発するビアストという亜種がいる。

出典

ドラゴンの別称。主に火を吹くことが多い。