※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

チョコボ Chocobo


エオルゼアにおいて、乗用騎獣や駄獣として利用されている陸生の大型鳥。

利用

  • 乗用騎獣:乗用に利用。通常は1人乗り。
  • 駄獣:背中に荷物を載せ、物資輸送に利用する様子がF.A.T.E.などで確認できる。
  • 輓獣:チョコボキャリッジや荷車を挽く獣としても用いられる。
  • 軍用:簡単な命令を発することで戦闘に用いる(バディ)。

原産地・繁殖地

チョコボの原産地としては、特にクルザスが有名である。
しかし、第七霊災による寒冷化により、飼育環境が悪化したため、繁殖が難しくなっているという。
一昔前までは、チョコボの生産はクルザスの専売特許であったが、
現在では黒衣森ラノシアなどの一部地域でも繁殖が試みられているようだ。
黒衣森 ベントブランチ牧場 霊災時にクルザスから逃げ出してきたチョコボを保護、育成している
黒衣森 ツリースピーク厩舎 上記のベントブランチ牧場の経営母体「モーグリグリトマウンツ」が運営する訓練施設
ラノシア レッドルースター農場 ドードーシープと共に、チョコボ飼育にも力を入れている

品種

一般的な体格の「ラウンシー種」に加え、ルガディン族の騎乗に耐えうる大型の「デストリア種」、
ララフェル族向けの「ベラフディアン・ジェニット種」が存在する。
なお、ラウンシー、デストリア、ジェニットは、いずれも中世ヨーロッパにおける馬の品種である。
「ベラフディアン」は、ウルダハの母都市である「ベラフディアの」といった意味。
おそらくベラフディアで品種改良された品種なのだろう。

輸出制限

第六星暦末期のこと、当時、チョコボの繁殖を独占していたクルザスは、
チョコボ数の減少を理由に、軍用チョコボの輸出を制限した。
これに伴い、他三都市は長らくチョコボ不足に悩まされたが、エオルゼア都市軍事同盟イシュガルドの協議により、
限定的な軍事支援(クルザスで発行されるグランドカンパニーリーヴ)の見返りとして、チョコボ輸出の再開が認められることとなった。
その結果として、グランドカンパニーの将兵に、チョコボが支給されることとなった(マイチョコボ)。
ただし、その際にも輸出するものは雄に限定することで、他都市に繁殖されないように制限していた。

マイチョコボ

グランドカンパニーで支給される「マイチョコボ」は、例外なく「クルザス産の雄チョコボ」とされている。
なお、バディとして戦わせる手法は、「フォルタン流 チョコボ戦闘術」とされている。
おそらくイシュガルド四大名家フォルタン家」が編み出した手法なのだろう。

マウント

マウントとしては、以下のようなものが存在する。
マイチョコボ バディとしても活用できるチョコボ
レガシーチョコボ レガシーキャラクター向けの特典。羽の色と装甲が異なる
でぶチョコボ ベテランリワードの特典。でぶ
グランチョコボ 友達紹介キャンペーンの特典。二人乗りが可能

個体名

個体名が判明しているチョコボは、以下の通り。
個体名 英名 備考
レイア Leia ベントブランチ牧場の牧童「ルクロ」がイシュガルドから連れてきた名チョコボ。
伝説的チョコボ「ウラヌス号」の血を引くという
リトルレイア Little Leia マイチョコボ育成関連のクエストで登場する。上記「レイア」の子と思われる
ウラヌス号 Ouranos 紅葉戦争で活躍したイシュガルド騎士ベルトラン・デュランデルの愛チョコボ。
重傷を負いながらも、負傷した主を鞍上に乗せたまま本陣まで駆け戻り絶命した。
これにより主の命が助かると共に、重要な敵軍の情報を伝え戦を勝利に導いたとされる。
なお、「ウラヌス号」の由来は、ロスオリンピック馬術大障害飛越競技の金メダリスト、西竹一日本陸軍大佐の愛馬と思われる
ブリリアドロ 不明 チョコチョコボ・プリンスのご先祖様らしい、イシュガルドの名チョコボ。
なお、「ブリリアドロ」の由来は、シャルルマーニュ伝説におけるオルランドの愛馬と思われる
ヴィクトリー号 Victory メルウィブの愛チョコボ。カルテノーの戦いで戦死した
添付ファイル