※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サスタシャ浸食洞さすたしゃしんしょくどう / Sastasha


西ラノシアスカルバレーにある天然洞穴。
隠し扉で隔てられた奥地は、海と通じており、サハギン族に従う海賊団「海蛇の舌」のアジトがある。
なお、このアジトは消えた海賊王「霧髭」の一味が使用していたものを、再利用したものである可能性が指摘されている。

天然要害 サスタシャ浸食洞

エールポート近海の幻影諸島付近にて、不審船が目撃された。この一報を受けた警備隊「イエロージャケット」は、サハギン族と協力関係にある海賊団「海蛇の舌」の活動を警戒。目撃地に近いスカルバレー沿岸のどこかに、彼らの拠点が築かれているのではないかとの疑いを強めていた。
そんな折、怪しい者たちが「サスタシャ浸食洞」と呼ばれる洞窟に出入りしているとの情報が寄せられたことで、状況が動き出す。