※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アプカル Apkallu


衆生門有翼綱に属す海鳥。
おもに東ラノシアに生息する。
バイルブランド島沿岸に生息する大型海鳥。
飛ぶことはできないがヒレと化す翼を用いて、海中を自在に泳いで魚を捕食する。
雛に魚を持ち帰るため、任意に胃液を調整することで知られるが、危機に際しては吐き出すことも。
~『エオルゼア通信 Vol.1』より

利用

  • アプカルの卵は、オムレツなどに用いる食材として有名。

出典

FF11に登場した同名モンスターが出典。
なお、「アプカル(Apkallu)」は「メソポタミアの七賢人」のひとり。
添付ファイル