※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エオルゼア都市軍事同盟 えおるぜあとしぐんじどうめい / The Eorzean Alliance


第六星暦1561年、ウルダハリムサ・ロミンサグリダニアイシュガルドの四都市が結成した軍事同盟。
アラミゴの陥落によって顕在化したガレマール帝国の脅威に対抗することを目的としていたが、帝国軍の動きが鈍くなったことを受けて、最大兵力を誇るイシュガルドが早々に脱退。
共同常設軍の創設には至らず、「防衛条約審議会」の設立だけに留まり、半ば形骸化していた。

第六星暦1572年、第VII軍団による「メテオ計劃」が現実味を帯びてきたことを受けて、グリダニアのカヌ・エ・センナが、ウルダハとリムサ・ロミンサに呼びかけ、同盟の再実効化を打診。共同軍である「[[エオルゼア同盟軍[[」の発足にこぎ着けた。

主な活動

  • 礼装の共同調達
    • グランドカンパニー将兵が着用する礼装を、共同調達した。デザインが似ているのは、そのためとされる。
  • チョコボ輸出解禁交渉
    • 軍用チョコボの輸出を制限していたイシュガルドと交渉し、輸出を再開させた。
    • その見返りとして限定的な軍事協力(クルザスにおけるグランドカンパニーリーヴ)を行っている。
  • チョコボ装甲の共同調達
  • サンクション開発
    • あらかじめ内側に魔紋を刻んでおいた武具に対し、特殊な強化魔法を付与することで一時的にその性能を高める技術「サンクション」を開発。

主な軍事行動