※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ソル・ゾス・ガルヴァス Solus Zos Galvus


ガレマール帝国」初代皇帝。

略歴

ガレマール共和国」の名門の家柄に誕生。
幼くして軍に入隊。
戦功を重ねて軍団長に就任すると、魔導技術を導入する軍制改革を断行し、祖国を一大強国へと押し上げた。
その後、市民の圧倒的な支持を背景に、国家の最高指導者である「独裁官」に就任。
数年間に渡る戦いを経て北州統一を成すと、自ら「皇帝」を名乗り帝政への転換を宣言した。

以後、東州平定に乗り出すことになるのだが、その過程で彼は「蛮神により滅びた地」を目撃。
「蛮神殲滅」を国是に据えることとなる。齢80歳を超えた今も帝位にあるが、最近は病に伏せがちだという。