※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ガイウス・ヴァン・バエサル Gaius Van Baelsar

ガレマール帝国軍第XIV軍団軍団長
自らが征服したアラミゴ準州の臨時属州総督も兼任し、軍政両面の指揮を執った。
「漆黒の王狼」の異名で呼ばれる。

モットー

国守る力無き者に、国治める資格なし

武器

9人の王位継承者の血を吸ったガンブレード「No.IX」
余談だが、『パラサイトイヴ2』にて、ガンブレードを入手する手段は「No.9」という敵を倒すことだったりする。

人間関係


略歴

  • 過去に5つの都市国家を征服し、属州化した実績があり、軍事だけでなく占領統治における政治的手腕も高く評価される。
  • アラミゴ侵攻時には、計略を用いて内乱を誘発させ、大規模な包囲攻城を経ることなく瞬く間に併呑した。
  • モードゥナを押さえるため、飛空戦艦「アグリウス」を旗艦とする大艦隊を差し向けた。
    • その際、ドラゴン族の抵抗に遭い交戦。史上初の空中戦「銀涙湖上空戦」を演じた。
    • 虎の子の「アグリウス」を失っており、その後のエオルゼア侵攻が停滞することとなる。
  • アラミゴで発掘された古代アラグ文明の遺物、「アルテマウェポン」を再生させ、対蛮神戦の切り札とする。