※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔導技術まどうぎじゅつ / Magitek


先天的に魔法を使えない者が多いガレアン族が、魔法の代替として編み出した科学技術。
独自に研究開発したものもあれば、古代アラグ文明の遺物をリバースエンジニアリングした技術もあるようだ。

青燐機関

  • 青燐水」を燃料とするエンジン。
  • これを動力源とした兵器を、魔導兵器と呼称する。

銃器

  • 近接武器に銃器を接合させた兵器を好んで用いる。
ガンブレード 銃と剣を融合させた武器 ガイウス・ヴァン・バエサルの「No.9」が該当する
ガンハルバード 銃と斧槍を融合させた武器 ネール・ヴァン・ダーナスの「ブラダマンテ」が該当する
ガンシールド 銃と盾を融合させた武器 リットアティン・サス・アルヴィナの「タルタロス」が該当する
ガンバグナウ 銃と闘器を融合させた武器 リウィア・サス・ユニウスの「アグライア」が該当する
ガンハンマー 銃と戦槌を融合させた武器 ネロ・トル・スカエウァの「ミョルニル」が該当する

素材

  • ガレマール帝国の兵は「軽量合金の甲冑の下に強靱な化学繊維の戦衣」をまとっているという。
  • 「超硬サーメット合金」など、エオルゼアでは製法が判明していない合金を製造できる。
  • 防御魔法の代替として、材質を発展さえたと考えれば、これらも広義の「魔導技術」と呼べるだろう。