エコバンク オール電化


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エコバンクの太陽光発電

太陽光発電 ~今、一番の注目エネルギー~


太陽光発電は、今、世界で一番注目されている新エネルギーです。

現在わが国の主要なエネルギー源である石油・石炭などの化石燃料は限りがあるエネルギー資源です。これに対し、太陽光や太陽熱、水力、風力、バイオマス、地熱などのエネルギーは、一度利用しても比較的短期間に再生が可能であり、資源が枯渇しないエネルギーです。これらは、「再生可能エネルギー」ともいわれます。石油等に代わるクリーンなエネルギーとして、政府はさらなる導入・普及を促進します。
地球温暖化対策や省エネなど全世界的にエコ志向が高まる中、家庭で簡単にできるエコ対策として、そして世界で一番クリーンなエネルギーとして注目され、ここ日本でも多くの家庭で太陽光発電の導入が進み始めています。

太陽光発電はもはやエコ志向の人たちだけのものではありません。日本は、京都議定書で太陽光発電の導入目標を定めており、そのため、太陽光発電を設置した家庭には、平成26年3月までは補助金を出す制度を設けています。

また、2009年11月以降(※1)は、発電して余った電気を今までの2倍の価格(※2)で買い取ってくれるようになりました。以降、法律改正などが進み、再生可能エネルギーの固定価格買取制度が2012年7月1日にスタートしました。この制度は、再生可能エネルギー源(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)を用いて発電された電気を、国が定める固定価格で一定の期間電気事業者に調達を義務づけるものです。買取価格・期間は 調達価格等算定委員会の意見を聴いて年度ごとに見直し(※3)が行われますが、以前と比べると国や自治体のサポートも増え、日本全体で取り組んでいる新エネルギー対策となりました。その代表的なシステムが太陽光発電なのです。

※1,2009年7月1日に「エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源の利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する法律(エネルギー供給構造高度化法)」が成立し、本法律に基づき、同年11月1日から制度が開始することになりました。
※2,2倍の48円での買い取りとなる条件は以下のとおりです。

太陽光発電をし、自宅で使用できない余剰電量を対象
太陽光での発電量が10kW未満の場合
制度開始初年度の場合
既契約分

上記条件を満たせば、以降10年間(運用上は120ヵ月分)は電力会社の買取価格が従来の2倍(48円)になります。

※3,経済産業省は2013年度の買い取り価格について、10kW以上の案件には、37.8円(36円+税)、10kW未満の案件には、38円(税込み)の適用価格と定めています。一度売電がスタートした方の買取価格・期間は当初の特定契約の内容で『固定』されます。


太陽光発電って高い?

「太陽光発電は高い」ってイメージあると思いますが、実際はどうなのでしょうか?
実は今までの太陽光発電システムは、最大出力1kwあたりでシステム価格が90~100万ほどしていました。償却にかかる期間も20年以上と言われ、環境貢献のために導入する一般家庭向けのエコシステムだったわけです。
それから、太陽光発電導入の補助金制度ができ、適応対象が1kwあたり70万円以下の機械であることが条件になったため、システム価格は一気に70万円まで低下しました。価格が下がった上に補助金が出て、そして更に2009年11月1日からは電力会社による買取価格が2倍の48円になるため、償却にかかる期間はぐっと短くなり、現在では約15年を下回るとも言われています。
機械の寿命と償却を考えると地球にやさしい太陽光発電も、補助金や売電価格のつり上げなど国の支援制度のおかげで、お財布にやさしい太陽光発電になりそうです。


太陽光発電システムの仕組み

太陽光発電システムとは、太陽電池を使って、太陽の光エネルギーを電気に変えるクリーンな発電システムです。
現在、日本で一番発電量の多い発電方法は火力発電です。火力発電では、石炭・天然ガス・石油などを使って電気を作っているので、発電時に温室効果ガスというものを排出してしまいます。大変効率の良い発電方法なのですが、地球温暖化対策には不向きともいえます。
そこで、世界的に注目されているのが太陽光発電の発電システムです。太陽光を吸収して、太陽電池の中の半導体により電圧を発生させるので、消費も排出もせずに電気を生み出すことができるのです。主な機器は、太陽電池を配置した「太陽電池パネル」と、太陽電池で発電した電気を家庭用の交流100Vに変える「インバーター」だけ。とっても簡単なシステムでエコライフを楽しむことができます。
太陽光発電は屋根上に設置するので、日頃気にしてみることはありませんが、電力量や発電量を、電力売買電メーターで確認することができます。リビングにいながら、節電生活を楽しむことができるのも太陽光発電のいいところですね。


太陽光発電って何で安くなるの?

太陽光発電システムの補助金制度や仕組みをご紹介することで、今、太陽光発電を導入するのにお得な時期であることや、太陽光発電がいかにクリーンなエネルギーなのかということはご理解いただけたかと思いますが、では、なぜ色んな家庭で太陽光発電を導入されるのでしょうか?
それは、毎月の電気代をおトクに節約できるからです!
エコキュートを導入された世帯では、電力会社が提供する時間帯で電気料金が異なるプランをご利用いただくことができるようになります。この電気料金プランとオール電化の特徴、太陽光発電を使って、電気代を節約することができるんです。

昼間の高い電気は太陽光で発電し、夜の安い電気を使って給湯や暖房をまかなう。しかも、2009年11月からは余った電気の買い取りも今までの2倍の価格で買い取ってくれます。こうすることで、地球にもお財布にもやさしい節約エコ生活を気軽に楽しむことができるのです。