2014年10月8日 【エボラ出血熱】欧州でのエボラ感染拡大は「避けられない」=WHO局長


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

投稿日: 2014/10/08(水) 12:08:59.71 ID: ???0
欧州でのエボラ感染拡大は「避けられない」=WHO局長
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0HW1M820141007

[ロンドン 7日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)のヤカブ欧州事務局長は7日、
欧州でエボラ出血熱感染拡大はほぼ避けられないとの見方を示した。
ただ欧州では対策は十分に整っているとし、現時点で感染地域からの入国規制を導入する必要性はないとした。

前日にはスペインでアフリカ大陸以外が感染場所とみられる初めてのエボラ熱感染者を確認。
感染者は看護師で、アフリカのリベリアとシエラレオネでエボラ熱に感染した後に搬送された患者2人の治療に当たっていた。

ヤカブ事務局長はロイターの電話インタビューに対し、感染拡大は「避けられない」と指摘。
「こうした事態は想定していた。欧州のどの地域でも起こり得ると予想していたため、
今回はスペインで発生したが、特に驚くべきことではなかった」と述べた。

同事務局長は、現時点では感染が拡大している西アフリカからの渡航者の入国規制を
導入する必要性はないと見ているとしたが、将来的に検討する可能性はあると指摘。
「米国はこうした規制を検討している。欧州ではまだ導入されていないが、感染がどのように拡大するかによる」と述べた。


投稿日: 2014/10/08(水) 12:13:59.57 ID: qhqlumwW0
1
欧州でエボラ出血熱感染拡大はほぼ避けられないとの見方を示した。
ただ欧州では対策は十分に整っているとし、現時点で感染地域からの入国規制を導入する必要性はない

矛盾じゃね????

投稿日: 2014/10/08(水) 12:28:38.09 ID: JXPUYXJk0
そうまでしても移動の自由を妨げないことが近代国家の条件

トム・クランシーの小説でも反対する閣僚をクビにしてまでも大統領が国民の州間移動を禁じたことで問題解決の第一歩となった。
鎖国の経験のある日本人にはなかなか馴染めない感覚なんじゃないかな、移動の自由を守ることって。


投稿日: 2014/10/08(水) 12:32:25.70 ID: oYczVqjh0
患者の入国は防げない=「感染拡大は避けられない」
ってことでしょ。
各国での帰国患者の発症+α(濃厚接触者)の症例は防げないけど、医療体制が充実しているので各国でそれ以上拡大する危険性は今のところないはず。
アメリカのように感染源を高圧ジェットでばら撒いたりするようなことがない限りはw



投稿日: 2014/10/08(水) 12:19:09.28 ID: rEQAsvTM0
驚かないとかってさ。。
これ治癒しても腎機能や肝機能障害、失明の恐れとかあるヤバいやつでしょ?

悪いけど俺は驚くわ。
っていうかぶっちゃけちびる。


投稿日: 2014/10/08(水) 12:44:44.09 ID: zeE+OZzQ0
「こうした事態は想定していた。欧州のどの地域でも起こり得ると予想していたため、
今回はスペインで発生したが、特に驚くべきことではなかった」(キリッ)

WHOwwwww

投稿日: 2014/10/08(水) 12:57:32.81 ID: MoS/eqCZ0
【マドリードAFP=時事】スペイン保健当局は7日、
エボラ出血熱のため飼い主の夫妻が隔離されてしまい
マドリードの自宅に残された飼い犬を、感染拡大阻止のため
殺害する方針を決めた。動物愛護団体は猛反発している。
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014100800397

投稿日: 2014/10/08(水) 13:00:22.87 ID: q+bHGxT0I
スペインの看護助手さんのペットが問題になっている。
USA TODAYにテレサさんとペットの記事が載っている。
http://www.usatoday.com/story/news/world/2014/10/07/ebola-dog-spain/16879989/

投稿日: 2014/10/08(水) 13:34:20.17 ID: IhJbxzEp0
治療薬ないのに対策は十分整ってるって意味わからない


投稿日: 2014/10/08(水) 13:42:16.40 ID: HbVGCPr70
http://www.afpbb.com/articles/-/3017763
ちょい前の記事だけどアフリカの妊婦が治癒

水分補給などが大事だってさ

明るい気持ちで行こうぜ!


投稿日: 2014/10/08(水) 15:05:20.78 ID: bItNa3wD0
①リベリアで、飛行機のチケットを買えるだけの収入がある人は全体の何%か
②でも、航空4社が定期便を運行するほど、飛行機の利用者がいる
③その利用者達全てが、リベリア国内で、医療関係者がするような個人防御をして、活動していたわけでは無い
 事実、マスコミの取材クルーなどは、現地で何日も普段着だ
④それで何ヶ月経っても空港関係者、航空関係者に、感染者が出ない
⑤でもそれは、航空会社が、感染しているヤツと感染していないヤツを見分けて、感染しているヤツを乗せなかったから・・とするには、ムリがある

なので現状からは、

航空会社はほぼなにもせず、上記①②③にもかかわらず、何ヶ月間も、飛行機には感染者は乗らなかった・・・だから④なんだ・・が事実

あきらかに

a.エボラは感染したら死ぬ確率が高いけど、発症前には感染しない
b.【一般的な生活活動】でも、まぁ、ほぼ感染しないけど、全く感染しないワケじゃ無い

というのが、科学的な知見

だから、スペインでもアメリカでも、感染国からやってくる一次感染者は出る、やってきた一次感染者の死亡・・は出るけれど、
二次感染者は広がらない、三次感染者なんかほぼ皆無

二次感染、三次感染は、飛行機の墜落事故と一緒、町中での交通死亡事故と一緒で、ほぼ無いけど、運が悪けりゃ出るレベル
だから、先進国では流行らない・・・のほうが、説得力がある

だけど、全く感染しないワケじゃ無いんで、
日本の原発事故のように、どこかで人為的なミスが出ると、スペインのように、医療関係者から二次感染者が出る

原発のように、エボラ自体はそう怖くはないけれど、扱うヤツの人為的ミスが怖いね

投稿日: 2014/10/08(水) 16:16:56.58 ID: ytFJOUmu0
リン脂質二重膜がシャボン玉のように割れて無くなってしまうと、感染しにくくなるから、エタノールや洗剤がエンベロープに有効と良く言われる
しかしエボラはリン脂質二重膜の内側にしっかりと内張があるよ
http://openi.nlm.nih.gov/imgs/512/39/3256159/3256159_pone.0029608.g004.png
この図なら緑の部分


https://news.virginia.edu/sites/default/files/Unknown-2_2.jpeg
やはりリン脂質二重膜に密接した内張がある

おそらく傷を少しつけたくらいではリン脂質二重膜は崩壊しないように、タンパク質の内張がある


エボラウイルスを実際に洗剤原液10%は20分で不活性化出来たが
1%や0.1%では24時間作用させても不活性化出来なかった
http://nano.med.umich.edu/publications/chepurnovactatrop2003.pdf

通常、界面活性剤は0.1~1%もあれば細胞膜は破壊される
http://www.gelifesciences.co.jp/technologies/protein_preparation/detergent.html
これは、エボラウイルスの持つリン脂質二重膜さえ傷付ければ不活性化するという考え方が正しくないことを示唆する
1%の界面活性剤ではエボラウイルスを24時間作用させても不活性化させることは出来なかったことは、リン脂質二重膜の破壊がエボラウイルス不活性化のメカニズムとしては適切では無いことを示唆する



https://www.msf.org.za/sites/msf.org.za/files/msfpubs_docs/msb12184_medium-.jpg
ちゃんと消毒してから脱いでるし防護服の使い回しなどしてない


投稿日: 2014/10/08(水) 16:20:16.33 ID: ytFJOUmu0
たとえば現在こんな感染率
従来のエボラアウトブレイクでは100人単位でしか発生してないため
1%前後の確率で起こることは統計的に確定出来ていないだけ
==============================
  • 血液に傷がある皮膚または粘膜で接触→100%
  • 汗に傷がある皮膚または粘膜で接触→80%
  • 汗に傷が無い皮膚が接触→30%
                        • 接触感染防護の壁--------------
  • 1m以内でエアロゾルを吸引する→10%
  • 1m以内でエアロゾルが目や唇に触れる→1%
                        • 飛沫感染防護の壁--------------
  • 1~3mの範囲でエアロゾルを吸引する→2%
  • 3~10mの範囲でエアロゾルを吸引する→0.1%
                        • 空気感染防護の壁--------------
==============================

何千人も感染すれば1%のリスクでも防護をくぐり抜ける
だから飛沫感染だと思って飛沫感染防護服を着ている医療関係者は大量死してる

さらに、ウイルスは、人類が感染経路を見逃すように、これらの感染率を最適化してくる


投稿日: 2014/10/08(水) 16:56:00.62 ID: Y46mMf3x0
国内ではすでに自己申告が400人を超えている
ttp://news.biglobe.ne.jp/trend/1007/ym_141007_9800469819.html
サンプル数としては考慮する値になっている

これからわかることは相当特殊な条件が揃わないとなかなか集団感染しないであろうということ
しかしながら、現地ではタクシー同乗者が全員感染したりもしている

スペインでの完全防護した看護師の二次感染も原因がよくわからない
特に最初のケースで対応するスタッフの皆さんが初心者同然の低い能力であるわけが無い
むしろ選りすぐりの精鋭を投入すると思うのだが
人的ミスという結果がすでに出ているのだろうか

いくつかの反証につぐ反証でよくわからなくなっている
こういう場合は多分まだ何か想像を絶する見落としの条件があるはずなので注意をしたほうがいい
そしてエボラ爆発の条件はそういうときこそ身近にあることも覚悟すべきである

ちなみに市販のアルコールや石けんなどが効かないという危険厨の意見があるがそれは俺は反対だ
もしそこまで強力なら直行便は感染爆発によりすでに壊滅している
空港など比較的人の往来の多いところで集団感染事例があり、閉鎖されているはずだ
SARSでは日本産のふつーの市販合成洗剤が絶大な効力を発揮したことを考慮すべき
このニュースが流れ、たくさん合成洗剤が売れたあと、SARS流行のニュースを聞かなくなった
最新鋭の消毒剤がまるで効かないとしてもそれは驚かない

効かないからもうおしまいだではなく、効く物はコレだという提示の仕方を推奨する
我々は破滅を望むためでなく生き残るためにこのスレを覗いている


投稿日: 2014/10/08(水) 18:05:02.73 ID: m6aZAI/R0
http://www.theguardian.com/world/2014/oct/07/ebola-crisis-substandard-equipment-nurse-positive-spain
彼女が働いた病院のスタッフは、エル・パイスに語ったこと、彼らが与えられた防護服スーツ不浸透性と呼吸器を含める必要があることを指定する、世界保健機関(WHO)の基準を満たしていませんでした。

Staff at the hospital where she worked told El Pais that the protective suits they were given did not meet World Health Organisation (WHO) standards, which specify that suits must be impermeable and include breathing apparatus.



つまり、普通の浸透する安物の防護服では対応不可だそうだ。


投稿日: 2014/10/08(水) 18:05:31.74 ID: pQ4DjHFI0
ダラス、希望の兆しが見えている
Several Positive Signs Reported for Ebola Patient in a Dallas Hospital New York Times
 (米国) ダラスの病院のエボラ患者に関するいくつかの朗報

 8日(現地時間)エボラウイルスの感染を受けたリベリアの男性は、
人工呼吸器につながれ人工透析を受けていることが発表されたが、医師団は初めていくつかの朗報を発表した。

 医師団から説明された家族は、ダンカン氏の体温と血圧が正常化し、激しいエボラ特有の下痢の頻度が減少したと語った。

 この1週間はダンカン氏だけでなく、彼と接触した48人にとっても決定的期間である。
 テキサス州衛生局長のデービット・レイケイ医師は、これらの接触者が発病する可能性はこの2,3日間にあると語っている。
 CDCによると最大の潜伏期間は21日間であるが、典型的な場合、症状は8~10日間に現れることが多いという。
 ダンカン氏は24日に症状を呈し始め、28日に入院隔離された。10日間の潜伏期間は今週中頃(7~8日)には過ぎる。
 48人中、10人がハイリスクと考えられている。3人はダンカン氏と同じアパートに居住した。
 7人は医療担当者である。残りの38人は危険性が低いと考えられている。

 「現在誰も体調を崩してなく、また発熱も呈してない」
 CDCのフリーデン長官は7日語った。
 フリーデン長官はダンカン氏の状態と新規の発病者がいないことに、
 エボラとの闘いに明るい兆しを見いだしていると印象をもっているようだ。

 「世界的にエボラとの闘いは長期間つづくだろう。でも忘れてはならないのは敵はウイルスであって感染者、感染国、感染地域ではないことだ。
 ウイルスは空気感染しない。それを防ぐ手立てを我々は知っている。
 我々は感染者を隔離すること、追跡者調査で感染リングを絶つことが出来る。
 私は1週間以内に、エボラとの闘いにダラスだけでなく世界中に進展の兆候が見られるだろうと言いたい」

 以下略。


 だそうです。


投稿日: 2014/10/08(水) 18:05:44.50 ID: Yomnc4J10

■■ 現在の本当の感染者数  ~リベリアはすでにカウント不能~

10/1のデータが出て、キリがいいのでざっくり検討。そこから以下がわかる。

 「最近、感染者の伸びが減ってきているように見えるのは、
  リベリアがカウント不能になってきているため。
  これを補正すると、すでに感染者は全世界で1万人を超えている。
  生データは、そろそろ使えなくなってきている。」


シエラレオネ、ギニアももう指数関数的増加で手がつけられなくなってきている。
リベリアは、診療自体が既に「感染者を受け入れられずに追い返している」状態であり、
野放しなことは明白なのに、感染者数のデータが減っている。
ということは、明らかに「カウントできなくなっている」ということ。なので、
  ・リベリアが8/4までのデータ通りに実際は感染者数が増えている場合 → 赤い曲線
  ・リベリアが9/17までのデータ通りに実際は感染者数が増えている場合 → オレンジの曲線
の2つのシナリオに分けて、全感染者数を予測したものが以下。
 http://www.alicenetwork.net/picture/image/alp5369.JPG

リベリアのカウント不足を考慮すると実際には、10/1時点で世界中にはすでに
9000~12000人の感染者が“少なくとも”存在すると考える。
(WHOは2~4倍とも、と言っているのでもっと多い可能性は高い。
 WHOの「深読みするな」=「本当は減ってないよ。カウントできなくなってるだけ」ということ。)

■将来予測

上のグラフを伸ばしたものが以下。
 http://www.alicenetwork.net/picture/image/alp5370.JPG

リベリアの実際の数値によって大きく異なるが、数字的には以下のようになる。

       シナリオ赤 シナリオオレンジ
2014/10/01  12,000人    8,700人
2015/01/01   78万人    25万人
2015/03/01  1300万人    250万人
2015/06/20   35億人     2.5億人  ←人類半減
2015/08/20            35億人  ←人類半減

  • リベリアの全人口420万人の約半数を超えた時点で、伸びは少し鈍化するだろう。
  • 他国への飛び火がどのくらいか?等によって、400万人以上の予測は大きく変わる。
  • WHOの「実数は2~4倍」という話とも併せて、これは大雑把で最低限の予測でしかない。
  • 年末までには、数万~80万人の感染が予測されるリベリアでは、
 単純カウントとは別のやり方で、おおよその実数が掴めるのではないだろうか?
 (人口減による、「税収減、公務員の欠席率、経済指標の減少等」からの概算などで。)

★ やっぱり、リベリアではもうカウントムリっぽい。
★ もう全感染者数の生データの意味が無くなってきている。(カウントできないため)
  今後は、こういった推定グラフからの予測の方がまだ確からしい、ということになっていくだろう。
★ 対策としては、やはり隔離政策しかない。
  西アフリカは隔離できるが、アメリカは事実上隔離できない。
  なので、
       アメリカで感染拡大 ≒ 全世界で感染拡大
  と言える。
  そうなったら、少しのスケジュール後倒しはあるが、本当に人類大幅減もあり得る。

稿日: 2014/10/08(水) 18:17:22.03 ID: bItNa3wD0

9/14まで・・だろうが、9/14から・・だろうが、どっちでもいいけど
WHOが、ほぼ正確に、統計とれていると思ってんの????

んなこと思うヤツは、さすがにこのスレにもいねーぞ(笑)

現地のMSFですら、WHOが正確に統計とれているなんて、一回も言った事は無い

6月ですらリベリアでは

「エボラ出血熱は悪魔の呪いだ/呪いの銃で撃たれたのだ」
「エボラ出血熱は、白人が実験のために持ち込んだ病原体で、アフリカ人を殺そうとしているのだ」という観念が広範に認められ、
医療従事者が敵意に満ちた眼にさらされて、多くの国の常識が通用しない社会的現象がさまざまに発生する。
http://www.economist.com/blogs/baobab/2014/06/ebola-sierra-leone

「医療側が投与している薬が、実はウイルスを発生させているのだ」という流言があふれ
エボラ出血熱の症状が発生しても受診しないばかりか、自宅にかくまうという挙に出る
病院に隔離されても、無理矢理“自主退院”してしまう
隔離施設の周囲をデモ隊が取り巻き感染者の“釈放”を暴力的に要求するので、当局がデモ隊に催涙弾を打ち込んで応戦する
http://www.nation.co.ke/news/africa/Ebola-Outbreak-Health-Sierra-Leone-Hospitals/-/1066/2365386/-/rgar5/-/index.html

挙句の果てに当局は、“病院の自主退院”や“感染者の隠匿”に対して訴追して重罪を課すと宣言するに至っている
http://www.euronews.com/2014/06/29/drastic-action-needed-to-stamp-out-killer-ebola-virus/

なのに

  • リベリアが8/4までのデータ通りに実際は感染者数が増えている場合 → 赤い曲線
  • リベリアが9/17までのデータ通りに実際は感染者数が増えている場合 → オレンジの曲線
の2つのシナリオに分けて、全感染者数を予測

(笑)

サルか(笑)