アーキー界歴史

A.D アースドルン暦

幼年期:世界は混沌の中生まれた
成長期:三大神が世界に秩序を与え生命が繁栄していった


【神々の時代】

-???????年:まだ若いこの世界に、グルームシュ、へクストアがやってくる。ペイロア、聖カスバード、
          コアロンラレシアン、ヤンダーラがこれらを撃退すると同時に息絶える。

【新世界の時代】

-???????年:それぞれ朽ちた神の肉体より若い神が生まれる。ペイロアの子、ソリスとルナエが闇に光をもたらす。
          悪しき神々の意識と交わった存在がデヴィルとデーモンになったとされ、恐怖を世界に残した
-???????年:オーダインとデウスの対立、世界の可能性が二つに割れた一方で、デヴィル、デーモンどうしでの戦争
          デヴィルの大魔王シャイターンが戦で世界が滅ばぬように地獄界インフェルノを作り出し、止まぬ戦争を隔離した。
          アースは天上界を生み、世界の光を守護し続け。ウィージャスは眠れぬ魂を浄土界に導き、世界に還元し
          た。

          オーダイン、デウスの対立は決着が付かず、彼らの意思は世界を文字通り二分に分かち
          オーダインはアーキー世界に留まり、デウスは新たなる可能性であるアルファ世界を生み出し、そこに可
          能性を見出した。アースドルンはこの2つの次元界を基軸とし、可能性を広げ無限にその世界を広げてい
          った。


【古代魔法文明時代】

A.D-????????年:生命にオーダインが魔法を授ける。各地に魔法が流布する。
A.D-????????年:古代エルフ族、世界の観測を始める。プレインシップの誕生。
A.D-????????年:各世界よりアーキーに影響ある者達がやってくる、デヴィル、デーモン等の存在の確認。
          古代エルフ族、世界を繋ぐ門を生み出しこれらを食い止め、これらの世界を管理するためプレインシップにて旅立つ。

【魔法時代 第一期】
A.D-1000000年:古代エルフ達の遺産より魔術が各地に伝わる。エルフによる魔法研究が盛んになる。
A.D-99999年:彼方よりナーダレスの飛来、地中深くで眠りにつく。
A.D-90000年:古代エルフの生き残りがエルフにコアロニアン国を作る、山よりドワーフが出現、
        彼らが現れた白金山にあやかってプラチナムハンマーホールを建国、その他亜人類が突如出現しはじめる。
A.D-12000年:人類の出現、同時に魔法が文明として発達してゆく。そして各地で戦乱もおきはじめる。

【暗黒時代 第二期】
A.D-1000年:戦乱の恐怖が各地を支配する、魔法の氏族マギアレボル族と剣の氏族ソードマウンター族の対立が激化
A.D-500年:盾の氏族シルトレギオンが出現、この二つの巨大氏族の戦争を終結、和解させる。
A.D-125年:デヴィルの王が、アーキー世界を支配しようと出現、各地氏族、亜人達が集結、そして多元世界より助力が来る。
       【最初のアースディフェンダー達の来訪】
A.D-50年:これら連合軍の生き残りが、シルト氏族を中心にグローリエンシルト王国を建国する。
A.D-9年:マギアレボル族によってロードナズガル帝国建国。急速に発展しリムニア大陸の南方を独占する。

【新たなる時代 第三期】
A.D  0年:グローリエンシルト王国、エルフのコアロン国、ドワーフのプラチナムハンマーホール国にて三国協定が結ばれ、新年号が制定される。
      エルシア国は中立国家として、ロードナズガル帝国は独自の道を行くと協定にサインはしなかった。
A.D 25年:エルシア谷に竜王アザール・クルの襲来、人類滅亡の危機にこれらを撃退【二度目のアースディフェンダー】
A.D 26年:ミルトリング祭の開幕
A.D 35年:ミラージュランドを目指して三国協定の合同による探査船が出航するも、消息が断たれる。
A.D 54年:第一次大陸戦争
A.D 77年:シルトレギオンの落日
A.D 85年:再びミラージュランドを目指して三国協定の合同による探査船が出航するも、やはり消息が断たれる。
A.D 86年:第二次大陸戦争
A.D 99年:大災害の年
A.D 102年:北蛮戦争
A.D 115年:星海湖の乱
A.D 125年:現在

【予定】
A.D 126年:ミルトリング祭の100周年記念。開催予定地は、ザンスカル。
A.D 135年:ミラージュランドを目指して三国同盟の合同による探査船が出航予定。