ネイジャス

称号 自然神 摂理の老神 
属性 真なる中立
権能 クリーチャー 萌芽 誕生 成長 
信奉者 ドルイド エルフ
クレリックの属性 真なる中立
領域 自然 守護 生命 火 地 水 風
好む武器 クラブ

教義
ネイジャスの教える自然は超越的であり文明に対して排他的である。その事を巡ってナシカと意見が対立するが、争う事は無い。ネイジャスに仕えるドルイドは鉄製品を嫌い、鉄を精錬する事は自然の形を歪める事だと説くので、ドワーフ達から心底嫌われている。また、彼は自分自身の掲げた教義によって、自分自身を信奉する勢力が強く拡大される事に対しても非常に警戒をしている。全てはバランスの上に成り立っているのだ。

ネイジャスの信奉者
彼らは組織的な活動は行っておらず、ネイジャスの啓示を受けた巫女がその土地を任される。彼女達は何者にも肩入れしないで、たった一人の守護者を連れている以外は基本的に孤立しているが、稀にその巫女を慕うドルイドやエルフ達が集まって一つの共同体を勝手に形成する事がある。その事をネイジャスは咎めないが、歓迎もしない。彼から呪文を授かるには、啓示を受けた巫女の口添えがあってこそ可能となる。