星海湖の乱

AD115年3月7日~同年9月15日

星海湖の南岸に暮らすリザードフォーク達による大規模な略奪事件とその鎮圧作戦を指す。

事件発生後、即座にホルン騎士団が派遣されるも、戦闘の大部分は重武装の騎士にとって苦手な湿地帯や水域で行われた為、同騎士団は街の防衛に従事し、討伐作戦は冒険者や傭兵達の手に委ねられた。

やがて頭目が倒され、戦闘終結宣言が出されたのは半年が過ぎた9月15日であった。


追記:当時、リニッスシル族長が率いる部族は戦いへの参加を拒んだ。