AFTERSCHOOL ユイ「上流社会」放送終了の感想を明かす“撮影初日が昨日のよう”


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

AFTERSCHOOLのユイが、SBS月火ミニシリーズドラマ「上流社会 DVD」の放送終了の感想を語った。

29日、ユイは所属事務所のPledisエンターテインメントより「緊張し、ワクワクしていた撮影初日が昨日のことのようだという言葉を実感するほど、ユナとして生きてきた日々が懐かしいです」と放送終了の寂しさと懐かしさを伝えた。

580x0

アイドル出身だが、いつの間にか新たな期待の星として可能性を見せたユイは、今回のドラマで彼女だけの強みと魅力を十分にアピールし、視聴者から反響を得た。

「上流社会」を終えたユイは「お互いに応援し合い、力になってくれた同じ年頃の俳優から、まだまだ足りない私たちを引っ張って励ましてくださったたくさんの先輩たち、いつも影のように心強い味方になってくださったうちの『上流社会』の家族の皆様まで、皆愛しています」と感謝の挨拶を伝えると共に「最後まで出口から出て行くことなく、熱い愛を送ってくださった視聴者の皆様に心より感謝申し上げます」と真心のこもったコメントを残した。

最後にユイは「これからも真心を尽くして努力するユイになります。本当に良い経験で、大切な人々を得た時間だったのでこの上なく大きいプレゼントであり祝福でした。もう一度『韓国ドラマ 上流社会 DVD』と共にしてくださった皆様に感謝申し上げます。愛しています!」というコメントで文章を終えた。

ガールズグループとして出発したが、子役と助演を経ていつの間にか主演女優に成長したユイは次世代を担う女優としてその可能性を見せると共に、立体的なチャン・ユナ役に没頭して特有の繊細な感情演技を完璧に表現したと評価されている。最近、tvN「ホグの愛」で内面演技を披露するなど、様々な役で経験を積んだユイは、韓国ドラマDVD「上流社会」でもう一歩前進する姿を見せた。

地上波ドラマの主演というプレッシャーをいつの間にか乗り越えたように、自由に演技を楽しむユイの姿を見守った視聴者らは彼女の存在感を確認し、支持した。次世代女優の再発見という評価が惜しくないユイの成長を見ていると、これからがより一層期待される。