「主君の太陽」“ラブコメクイーン”コン・ヒョジン、名実共に最強の演技


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SBS水木韓国ドラマDVD主君の太陽」(脚本:ホン・ジョンウン、ホン・ミラン、演出:チン・ヒョク)が韓国で3日に幕を下ろした。チュ・ジュンウォン(ソ・ジソブ)とテ・ゴンシル(コン・ヒョジン)はお互いに愛を告白し、口づけをしてハッピーエンドを迎えた。

主君の太陽 DVD」は、ソ・ジソブとコン・ヒョジンが中心となってドラマをリードした。そのくらいこの二人の活躍は大きかった。最初はビジュアルで魅了していたが回を重ねるごとに素晴らしく息の合った演技を披露し、素敵なカップル演技を完璧にこなした。

“防空壕主君”ソ・ジソブと“レーダー太陽”コン・ヒョジン。「主君の太陽」の放送終了と共にこの素敵なカップルも見納めだが、いつになく名残惜しい気持ちになる理由は何なのだろうか。

“ラブコメキング”ソ・ジソブ、ますます上達する演技の魅力

jp

ソ・ジソブが演じたチュ・ジュンウォンは、複合ショッピングモールの気難しい社長。初恋の苦い思い出を抱えて生きていたところ、テ・ゴンシルに出会うことで変わっていく人物だ。最初は人間関係をお金で考える冷めた姿を見せ、テ・ゴンシルのことを面倒くさいと思っていた。しかし、いつの間にか不器用ながらも本心を見せて、少しずつ変わり始めた。

チュ・ジュンウォンはテ・ゴンシルに対する気持ちを抑えようとしたが、すぐに自分の気持ちに忠実になり、テ・ゴンシルに心を開く。その後、テ・ゴンシルと素敵なロマンスを展開するなど、独特な純情男のキャラクターが完成した。別れを迎えた時には悲しみを眼差しで表現し、視聴者の胸を締めつけた。

何よりもソ・ジソブは「主君の太陽」を通してラブコメキングの頂点を極めた。隙のないルックスで大胆に毒舌を放ち、怒りに満ちた感情を爆発させるなど豊かな演技を披露した。ソ・ジソブのアドリブも話題になった。「消えろ」と話すときの仕草や童謡「クマ3匹」を歌ったときの振り付けなど、ドラマに小さな楽しみを加えた。ソ・ジソブはチュ・ジュンウォンに出会ってラブコメキングとして遜色のない一面を見せたのだ。

“ラブコメクイーン”コン・ヒョジン、名実共に最強の演技

jp

コン・ヒョジンは幽霊が見える女、テ・ゴンシルを熱演した。テ・ゴンシルは本来前向きで明るい性格だったが、事故によって幽霊が見えるようになった後、現実になじめないまま生きる人物だった。チュ・ジュンウォンに出会ってからは最高に可愛らしい魅力を見せた。

テ・ゴンシルはチュ・ジュンウォンの体に触れると幽霊が見えないという事実を知り、彼にすがり始める。お互いの好きという感情が通じた後はチュ・ジュンウォンに近づき、非の打ち所のない魅力で甘いロマンスを見せた。また、周りの人々を巻き込みながら動かしてしまう不思議な力を発揮してその魅力を高めた。

特に、コン・ヒョジンは自分の目の前に現れる幽霊を避けて逃げる切実な姿から恐怖におびえる表情、そして恋に落ちる愛らしい一面まで多彩な感情を演じて注目を浴びた。それだけコン・ヒョジンはテ・ゴンシルのキャラクターに完全に集中してドラマの流れを主導し、ソ・ジソブとの相性まで最高だった。そして、幽霊が憑依した演技も完璧に表現し、極端な感情を行き来しながらも欠点のない演技を披露したのだ。そして、それに応えるように視聴者も熱い声援を送った。激安DVD

主君の太陽 DVD」の後番組としては、イ・ミンホ、パク・シネ主演の「王冠を被ろうとする者、その重さに耐えろ-相続者たち」(脚本:キム・ウンスク、演出:カン・シンヒョ)が放送される。