「ファンタスティック」チュ・サンウク、覚醒剤投薬の容疑で連行される


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

チュ・サンウクが危機に陥った。

韓国ドラマ ファンタスティック DVD」で、チェ・ジンスク(キム・ジョンナン) はリュ・ヘソン(チュ・サンウク) の覚醒剤に関するデマを流した。

00

その後、リュ・ヘソンが10代の頃に麻薬ディーラーとして活動していたという記事に加えて、彼自身も覚醒剤を投薬したという噂も出回った。

ヘソンが出演している「ヒットマン」は番組打ち切りの危機を迎え、ヘソンも警察に連行された。