ファン・ジョンウム主演「運勢ロマンス」からチソン主演「タンタラ」まで…絶対強者のない視聴率競争


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2pm007

地上波3社の水木ドラマが絶対強者のない競争を繰り広げている。

視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、今月8日に韓国で放送された水木ドラマのうち、1位を手にしたのはMBC水木ドラマ「運勢ロマンス DVD」だった。

この日「運勢ロマンス」は視聴率8.4%を記録し、前回の8.2%より0.2%上昇して1位の座を奪還した。

今月2日に同時間帯の1位だったKBS 2TV水木ドラマ「マスター-ククスの神」は7.9%を記録した。これは前回の8.6%より0.7%下落した数値だ。

SBS水木ドラマ「タンタラ」は前回より0.9%下落して7.2%を記録し、3位にとどまった。しかし、1位の「運勢ロマンス」との差はわずか1.2%であるため、順位の変動が続くと予想される。