ヒョンビン「『シークレット・ガーデン』で女になった演技のほうが楽だった」…新ドラマで多重人格を演じる感想を語る


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

俳優ヒョンビンが、「シークレット・ガーデン DVD」で男が女になった演技と「ジキルとハイドに恋した私」での多重人格の演技に対する率直な思いを伝えた。

ヒョンビンは15日午後、ソウル江南(カンナム)区インペリアルパレスホテルにて行われたSBS新水木ドラマ「ジキルとハイドに恋した私」(脚本:キム・ジウン、演出:チョ・ヨングァン)の制作発表会で、「『シークレット・ガーデン』の時のジュウォンが女になった演技をした時は難しかった。虫ずが走ると言うべきなのか」と口を開いた。

580x0

彼は「(『シークレットガーデン DVD』が)楽だったと思うのが、僕が直接見て観察できる人物がいた。ライムという人物が実際に演技をする姿を見ることができて、捉えることができるために、ポイントを見つけるのはあまり難しくはなかった」と明らかにした。

さらに「今はそういうものがなく、想像だけで表現しなければならないという点で違いがある」と話した。

SBSの新水木ドラマ「ジキルとハイドに恋した私」は、世の中で一番悪い男ジキルと世の中に二人といない善良な男ハイドという一人の男性(ヒョンビン)のまったく異なる2つの人格と恋に落ちた一人の女性(ハン・ジミン)の甘くハツラツとした三角ロマンスを描いたラブコメディだ。韓国で21日夜10時に放送スタートする。