「彼女は綺麗だった」SUPER JUNIOR シウォン、人々に知ってもらいたい自分の姿は“情熱的なところ”


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「話が上手だ」というのは、単に話術が巧みだという意味ではない。自分の本心を上手く表現できるという意味だ。数日前、MBCドラマ「彼女は綺麗だった DVD」の放送終了記念で行われた記者懇談会で会ったSUPER JUNIORのシウォンは、本当に話が上手な人だった。彼が所属するSUPER JUNIORがそうだった。多数の番組でMCを務めているリーダーのイトゥクからバラエティ番組「黄金漁場-ラジオスター」のMCキュヒョンまで、SUPER JUNIORはメンバー全員が流麗な話術の持ち主だ。MCを務めたことがなく、メンバーたちに比べてトークショーの出演も少ないシウォンも、話が上手な“傾向がなくはなかった”。「彼女は綺麗だった」のTEN(シウォン)が、華やかだが真心のこもった文章でベストセラー作家になったように、シウォンも豊かだが、隙のない話術で人々の心を引いた。この日のシウォンは、登場から気の利いた挨拶で記者たちを笑わせ、少し難しい質問にも落ち着いて答えた。彼の率直な答えと素朴な真心に、ぎこちない雰囲気が流れていた記者懇談会もすぐに和気藹々とした雰囲気になった。シウォンは自分の本心をスマートに伝えてくれた。

580x0

シウォンは19日に入隊を控えていた。“大ヒット”した作品を残して軍隊に入ることは、残念に思ってもおかしくないのに、彼は“クール”に笑い飛ばした。当然な答えだが「納税、勤労の義務を着実に履行したから、国防の義務も着実に全うしてくる」という彼の答えに、会場のみんなが一緒に笑った。劇中での“トル記者”(突飛な記者)キム・シニョクのように愉快で、TENのように才能のあるシウォンは本当に素敵だった。

韓国ドラマDVD「彼女は綺麗だった」が韓国での放送を終了した。感想をお願いする。

シウォン:今、とても嬉しい。思ってもなかった愛情を受けた気がして感謝している。打ち上げで皆が次の作品について話した。そして、気が利かない人が僕にも次の作品について聞いてきた。それで、僕は論山(ノンサン)に行くと答えた(笑) 納税、勤労の義務を熱心に果たしてきたから、国防の義務も着実に全うしてくる。2年はすぐだから待っていてほしい(笑)

―こんなにも反応が熱いと予想していたのか?

シウォン:実は期待するような余裕がなかった。入隊前までは良い姿だけ見せたいという考えに集中した。もちろん、良い台詞を書いてくれたチョ・ソンヒ脚本家とシニョクのキャラクターを上手く生かせるように演出してくれたチョン・デユン監督のおかげだろう。何よりも多くの方が(ファン)ジョンウム姉さんとの共演シーンを気に入ってくれた。シーンを一緒に作ってくれたジョンウム姉さんにとても感謝している。普通、コミカルなシーンは、最後にきちんとまとめないと面白くない場合がある。ジョンウム姉さんは最後のまとめをきちんと演じてくれた。やはり経験があるから、ポイントを上手く捉えてくれた。「彼女は綺麗だった」はスタッフと俳優の呼吸が特に良かった。打ち上げも「モスト」(ドラマに登場するファッションマガジン)っぽく楽しい雰囲気で終えた。DVD通販

―自分が考えるキム・シニョクの魅力は何だと思うのか?

シウォン:自由奔放でありながらも節制されている面だ。キム・シニョクは自分がどこまでやるべきかについてよく知っている。個人的な哲学がはっきりしている人物だ。自分の基準を絶対に反することがない。そんな点が好きだった。それは特に人間関係でよく現れた。演じる時、「ジャクソンが男か、女かと関係なく、人間的に好きだった」という台詞が本当にぐっと来た。感情が高まって涙まで出てきた。でも、泣かなかった。泣いたらそれはキム・シニョクじゃないからだ。キム・シニョクはそんな人だ。

韓国ドラマ 彼女は綺麗だった DVD」の台本はアメリカにいた時、初めてもらった。4話までの台本をもらったが、読まずに置いといた。ある日、社長が僕を呼んで無条件にその場で読みなさいと言われた。読んでみたら、本当に僕が演じたかったキャラクターだった。特に台詞がそうだった。キム・シニョクはまるでキャプテン・ジャック・スパロウ(映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」)、トニー・スターク(映画「アイアンマン」)のように台詞の中にウイットがあった。