「朝鮮ガンマン」有終の美を飾った…水木ドラマ視聴率1位で放送終了


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「朝鮮ガンマン」有終の美を飾った

朝鮮ガンマン」が水木ドラマの視聴率1位で放送を終了した。

5日、視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、韓国で4日に放送されたKBS 2TV「朝鮮ガンマン」第22話(最終話)は全国基準12.8%の視聴率を記録した。同じ時間帯に放送されたドラマの中で最も高い視聴率を記録し、有終の美を飾った。

この日放送された「朝鮮ガンマン」の最終話では、ユンガン(イ・ジュンギ)が復讐に成功し、朝鮮の英雄になった。スイン(ナム・サンミ)とのラブストーリーも幸せな結末を迎えた。

また、同日同じくハッピーエンドで終了したMBC「運命のように君を愛している」は10.5%を記録、来週最終回を迎えるSBS「大丈夫、愛だ」は9.4%を記録した。