※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

加藤 名岐


■キャラクター名
加藤 名岐

■性別
男性

■所属陣営
関東

■所属地域
岐阜県

■所属地域のアピール
岐阜って特にアピールするとこ何もないな…特に岐阜市周辺とか何も無いな…
というのを考えた末にこうなりました。

■所持品(一つにつきステータス2点消費)
関市産の日本刀

■体力/知力/攻撃力/財力/FS(FS名) 【合計...
体力:4(+1)/知力:3/攻撃力:3/財力:4/FS(地元アピール):1

■特殊能力名
ソング・オブ・ザ・コロニアル

■特殊能力内容
岐阜県に隣接している県の魔人と友好的な状態にある場合お互いのステータスを強化する。
対象の魔人の所属地域が石川・福井・滋賀・長野の場合は効果が低く、三重・富山は中程度の効果、愛知の場合は効果が高い。
この能力は相手側が能力を拒絶した場合発動されない、また発動中に拒絶された場合そこで能力効果が切れる。

■キャラクター設定
戦後七十年、岐阜県は限界境界線に隣接している土地として東西の交易路の交差点と化した。
様々な文化が外部から流入し、特に県庁所在地である岐阜周辺は文化のるつぼとなり、
そして元々大した物も無かった岐阜の文化は次々と流れこむ外の文化に駆逐され、伝統的な物は完全に失われた。

そんな中四十七都道府県のご当地魔人による東西対立に決着をつけるハルマゲドンが開催されるという知らせが岐阜県庁にも届いたが、
地元文化を失って久しい岐阜県にご当地魔人と呼べる存在はとうの昔に消滅していた。
これではまずいのではと考えた県議会は数回の会議を重ねた挙句、どうせ前線で働く機会が来るわけもないんだから
県職員の中から適当にそれっぽいのを探し出して岐阜県のご当地魔人としてでっち上げてハルマゲドンに送り出そうということになった。

こうして一人の男が選び出された、バランスのとれた身体能力と頭脳、そして新心流居合術を修め戦闘面で期待でき魔人能力もサポート系として活躍を期待できる、
何より多少の無茶な注文では文句を言わずただ淡々と仕事を仕上げる有能さを持つ求められていた人材だった。
彼に課せられた目標は『とにかくどんな方向でもいいからそれなりに活躍を残して目立つ』事、こうして彼のハルマゲドンは始まった。

■ご当地ポイント