※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プロローグ

「あなたのセックスは悲しい……」

 と、あの女は言った。寂しそうな顔を私に向けて……。
 やめろ、そんな目で私を見るな!
 思わず私は叫んでいた。

「馬鹿げたことを。セックスは人を支配する力! 私は貴様の力に敗れた! 支配されようが殺されようが構わん。……だが、私を。私を憐れむな!」

 ウウッと唸り、私は膝をついた。目の前の女の顔を見ているだけで……準決勝で受けた愛撫の感覚が蘇り……私のおぱんつがビチョビチョに濡れていた……。
 女の瞳からツウ――と一条の涙が零れ落ちた。

「ナマ子さん……セックスは、共に楽しむもの……。私はあなたと、もう一度セックスがしたい」
「ふざけるな――」

 差し出された女の手を私はパシッと弾いた。くうッ――。その一瞬の接触だけで股間から激しく愛液が弾け飛ぶ。糞ッ、肉体が……身体が反応してしまう! エリートたる私が! こんな名も知らぬビッチの手に触れただけで!!

「貴様の愛撫を受けるくらいなら……」

 ふらつく足取りで私は立ち上がった。ほんの二時間前にも大会で鏡子の愛撫を受けたばかりだ。だが、私は許せなかったのだ。鏡子を激しく憎みながらも、その愛撫を心の奥底で求めてもいる自分に気付いたから。私は股間に右手を伸ばした。

『プレローマ』

 私を中心に不可視の結界が広がっていく。気体状オナホールに満たされた致死性セックス空間――。その中で、私は着ていたドレスを引き裂き半裸を晒すと、決死の覚悟を決め、右手の指先で己の股間を激しく掻き回す!

「うわあああッアアア! ぎゃああああッッ!!! あああああッあああああッらア!! めえええッっあッああッあッ!!!!」

 全力の愛撫を己に叩き込み、ライフルの一斉射撃を受けたかのように私は激しく踊った。それに伴い『プレローマ』が暴力的な愛撫で全身を突き刺す。

「ぎれえええッべええ!!!」

 あまりの刺激に耐え切れず、空中へと跳ね飛んだ私はそこで捩じ切る程に身体を捻り、股間と口、目と鼻と耳から愛液を噴出させて、ドサリと地面に落ちた。愛液の海の中で……死にかけの虫けらのように、私は震えた。

 ……あの憎たらしい女が近付いて来る。震えながらも、女の目を見上げた。女の瞳に浮かんだ色が、憐れみの色が濃くなっている。……不快! 何を勝ち誇っている!! ありったけの力を振り絞り、私は叫んだ!

「み、見たか、鏡子! 指一本でも私に触れば……私は即座にテクノブレイクだ! ハハッ、ハハハハッ! どうだ、セックスできまい! できないだろう!! 私の、私の勝ち。私の勝ちだァ! フハッ……フハハハッ!!」

 ゲボッ! と咳き込み、私は口から愛液を吐いた。だが、憎悪に満ちた視線で鏡子を射抜く。

「鏡子! 私は必ず、貴様を殺す!! ビッチとしての貴様を殺す!! 貴様よりも、早く! 全人類をレイプする! 貴様が指一本でも触れたら直ちに死ぬ程に! 全人類を! 激しくレイプし続けてやる!! 嫌なら今すぐ私を殺せ! 殺せえッ!! ハハハ、ハハハハハーッ!」

 さあ、殺せ! 怒りに駆られて私を殺せ! そうすれば、ビッチとしての貴様は死ぬ! ただの殺人鬼に成り下がるのだ!
 だが、女は悲しい顔で私を見下ろしたまま、言った。

「やっぱり、あなたのセックスは、悲しい」

 やめろ!

「セックスは、共に楽しむもの……」

 女の瞳から、もう一雫の涙が零れ落ちる。



 やめろ! ……そんな目で、私を見るな!!!