※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アンケート回答

このページではダンゲロスSS4アンケート「本戦と別キャラクターを募集しての裏トーナメントについて、どう思いましたか?」への投票結果・コメント内容を公開します。
このページには表試合SS裏試合SS幕間SSの全てに関するネタバレが含まれる可能性があります。
ネタバレを回避したい方はご注意下さい。

回答内容 【最新試合までのネタバレ注意!】

新しいキャラクターの参戦は楽しめましたが、キャラクター把握が大変なので今後参加人数がより多くなるのであれば少し読むのはつらいかもしれません。


裏トーナメントで1.5倍ほどになったが、今になってみると、あんまり多い気はしない。多ければ多いほど楽しいと思う。1on1と三つ巴をバラけさせて気を使っていたなあと思った。


書き手としては新しいアイデアでリベンジしに行けるのがとても嬉しいのですが、毎回新キャラクターが出てくると、読者としてはデータ量の多さに読むのが辛くもありました。(しかし後から裏に参加したキャラクターも良いキャラクターばかりだったのは事実です)


今回は後出しじゃんけんの連続とまではいかなかったが、そうなる恐れもあります。
次にSSキャンペーンを開くなら、最初から2キャラクターを作って公開、どちらかを表試合に、どちらかを裏試合に出場をさせる、
裏用新キャラクターは最初からプロローグに出しているキャラクター限定にする、といった配慮もいるかもしれません。


執筆者としては表トーナメントでの反省を活かしたキャラクターを作ることができたので非常に有りがたかったです。


毎回のスタンダードにするべきかは怪しいですが、面白い試みであったと思います。
新鮮な風を入れる良い面もあり、設定が膨大になる難点もあり、良し悪しだと思います


良かったと思います。いろいろドラマもありましたし。


参加者側からすれば本戦の反省を踏まえたキャラが投稿できというメリットがある反面、読者側からするとキャラ把握に時間を費やす必要がでてくるので、一長一短だと思いました。


息子が出るとは思わなかった。


今回の形式ではそれ以外やりようがなかったとは思いますが、
お祭りの規模が大きくなった点はとてもよかったと思います。
このキャラとこのキャラの対戦が裏で実現!のような楽しみが無くなったのと天秤にかけると難しいところですが……
あと、エキシビジョン書く人が死ぬのではないでしょうか。
死ぬのではないでしょうか。


(読者)
全キャラクター&プロローグに目を通しはしたのですが、
特に気になったキャラ2,3人を追い掛けただけで、全部は読めませんでした。ちょっと気力が続かなかったです……。
特に積極的に開催に反対するということはありません。


面白い試みで、とても楽しめました。迷宮時計の設定にすごくマッチしていたと思います。後発キャラクターが相手を見て後出しジャンケンできる点は、今回はあまり問題に感じませんでした。


敗退しちゃうと投票モチベーションも下がるし、裏トーナメントはあった方が当然良いです
ただ、裏に合わせて表の日程を一ヶ月伸ばすよりは、裏の執筆期間や投票期間を適宜短くする方が良いのでは?


自身の反省やキャンペーンの傾向を踏まえて再起を図ることができたので裏トーナメント自体は非常に良かったのですが、エキシビジョンが最終試合という今回の設定だと、若干決勝戦の位置づけが弱くなってしまったようにも感じられました。


不要。別のキャラクターでやるなら次のSSキャンペーンでやれば良い。


表のSSを受けてキャラクターを作れるのは良いのではないでしょうか。
平行世界ということにすれば同じキャラを使用できないわけではないですし。


面白い試みであったと思います。表で実力を発揮しきれなかった人が反省を生かしているところもあったので。ただ、裏に入ると自由度が高まって設定がこんがらがったりはっちゃけすぎたSSが送られてる感じもしますが。


よかったと思いマース!


よかったと思います


うーん、規模が大きくなりすぎる、ほとんど2キャンペーンを同時開催してるのと変わらない、あと今回の設定に限るが、表の優勝が(キャンペーン設定的に)実際の優勝ではなく、価値が薄く感じるという3つの点から、やはり微妙だったかな。
一回戦敗退者があまり語られなくなる点もマイナスか。


レギュレーションに沿っていたと思います。


新たなキャラを投入できて書き手として嬉しい一方、一回戦、二回戦と敗退した後、今まで勝ち抜いてきたキャラとぶつかるのは厳しい部分もあったかもしれません。


私自身は不満ありません


キャラが多いのは楽しいですが、同時にキャラ把握の負担が増えて裏トーナメントを読もうというところまで自分のやる気を高めるのがたいへんでした。順次キャラが増えていった関係で、バトルSSを読む前にキャラ説を読まなきゃいけないのがつらかったです。また裏トナメは、勝ち上がってきた見知ったキャラとポッと出の新規キャラの組み合わせにならざるを得ず、その点も順次キャラ追加の欠点だったかなと思います。


色々なバリエーションが楽しめてよかった反面
キャラ把握に時間が取られて読むのにハードルが増えたかもしれません