※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

裏第二回戦SS・温泉旅館その1


「……夢、か」

四畳半の和室に敷かれた布団の上で菊池一文字は眼を覚ました。
夢にしてはリアルだった……ような気がする。
時逆順、迷宮時計、この世界の仕組み、虎の少女。
現実感がなさすぎる。だが、きっとそれは夢ではないのだろう。
そしてこの先には……母さんたちも関わっている。

(しかし、どうすりゃあいいんだろうな。
このまま終わらない戦いを続けるわけにもいかねえし)

ごろんと布団の上で仰向けになる。
右腕の時計を眺めると、戦闘開始時刻はとうに過ぎている。

(……ところで、どこだ、ここ。)

そう考えたところで、右腕の時計の向こうに狐面の少女が現れる。
少女は軽く腕を振る。
そして、和室はバラバラに崩れ落ちた。

---------------------------------------------------

(……今のが菊池一文字?まさか今ので終わりじゃないよね)

『刻訪』の情報網を駆使しても「菊池一文字」などという人間を探し出すことはできなかった。
迷宮時計所持者の中に「菊池徹子」という人物がいるということまでは突き止めたが、
「菊池」などよくある姓だ。関係者かどうかすらも疑わしい。
……だが、相手が未知の存在であっても。やることは変わらない。

「あはッ」

当然、この程度で終わってしまっては困る。狐面の奥で少女が嗤う。
『操絶糸術』が室内を蹂躙する直前、標的が天井に向かって跳ぶのが見えた。
そうだ、そうでなくては。

「……へえ、天井を突き破ったんだぁ。すごーい」

無感情な声でそうつぶやき、刻訪結は糸を使って天井に登った。

---------------------------------------------------

「……っぶねェ!あの娘が次の対戦相手か」

虎の次は狐か、と心中でひとりごちつつ、追撃に備える。
とっさに『スカッドストレイトバレット』を使ってしまった。
再使用までには少し時間が必要だ。さてどうする。

(しかし、糸使いとはな)

迷宮時計を手に入れる前、母の墓前で戦った相手を思い出す。
ウラギール・オン・シラーズ。彼も糸使いであったが――
今天井から顔を出した少女は、その数段上の使い手と見ていいだろう。

「見ぃつけたァ」

狐面で表情は窺い知れないが、幼さを残した声で少女が嗤う。
まるで遊んでいるかのような無邪気な声。
それがかえって不気味に感じた。

「一応聞くけどさ、降参するつもりはねーよな」

ダメ元で問いかける。当然、回答に期待してはいない。
近接戦闘の構えのまま、じりじりと近づく。
間合いにはまだ遠い。が、マントを翻し少女に向けてダッシュする。
直後、先程までいた場所の屋根瓦が弾け飛んだ。

「ああ、まだ返事聞いてないのに向かってくるなんて。怖ァい」

少女は声色を変えずにそう言うと、左右の手を交差して振りぬく。

「『操絶糸術・蛟龍(キリングストリングス・サーペント)』」

温泉旅館の屋根を喰らいながら迫り来る龍の如く、糸の奔流が一文字を追う。
飲み込まれぬよう屋根を駆け抜ける。能力はまだ使用できない。
追いつかれる直前、少女に向かって跳躍、飛び蹴りを放つ。

「く、ら、え!」
「『玄武(アダマンタイトシールド)』、『虎爪(ファントムブレイド)』」

幾重もの糸の盾が蹴りを防ぎ、糸の爪が身を裂く。
『シールドマント』により致命傷は防ぐが、糸による斬撃を受けてしまう。

「……っ痛ぅ!」
「捕まえたァ」

少女が血に染まった糸をたぐり寄せる。
そして制服の袖をたくしあげ、凄惨な傷跡の残る腕に糸を縫いつけ始めた。

「お、おい!何やってんだ!」
「大丈夫ですよォ、ちょっと痛ァいだけですからぁ……
 お兄さん、面白い能力持ってますねぇ。それで出会い頭の攻撃を避けたんですかぁ」

少女が自分の腕に刺繍をしながら呟く。

「へえ、加速度によって次の使用可能時間が伸びるんですねぇ。不便だなぁ」
「……!」

自分しか知らないはずの能力の特性を言い当てられる。
成程、そういう能力か。しかし。

「じゃあ、次のことを考えなければ無限に加速できるってことなのかなぁ」
「や、やめろ!そんなことしたら……」
「やめなーい。一瞬で終わらせてあげる」

次の瞬間には、

「『スカッドストレイトバレット』」

---------------------------------------------------

――瞼を開けると、私のよく知っている天井が広がっていた。
ソファから起き上がって周りを見渡す。
テーブルは昨夜のままだった。

上毛早百合ちゃんを斃して闘技場から戻ってきた私を、パパとママはぎゅっと抱きしめてくれた。
それで気が緩んだ私は、そのあと泥のように眠った。
そして一夜が明け、昨日は祝勝会をしたのだ。

……あれ。
おかしいな。
なんで、こんな
これは、昨日、の

時間、が、


戻っ






「いち、に! さーん、し!」
「ここでまわって~」
「せーのっ」
「はいハイ!」

放課後、学園の屋上。
まだ陽射しは強く、踊り始めてから30分程でけっこう汗をかいてしまった。
『シスター』である真実が会長権限でゲットした鍵を使い、私たちは誰もいない屋上でダンスの練習をしている。
再来週に開かれる文化祭で披露するのだ。
なんでこうなっちゃったのかはよくわかんないけど、気がついたらそういうことになっていた。
ダンスなんてやったことないから大変……変な所が筋肉痛になるし。
でも、4人で踊っているときは、最高に楽しいのだ!

「さて、休憩にしましょうか」
「そうだねー」
「ノドが渇いたのだ」
「あっ、ボクのお茶飲む?」

モデルみたいに手足が長くて美人なのは、糸音ちゃん。
切れ長の目も凛としててかっこいい。
小麦色の肌が健康的な印象を与えているのは、早百合ちゃん。
ちっちゃくて元気がよくてかわいい。
見た目によらず気がきくボクっ娘は、真実。
私の幼なじみで、親友だ。


そうか、これが、走馬灯っていうやつなのね。
でも、なんで、あたし、

ああ、だけど、みんなに会えて、
よ かっ  …  …

---------------------------------------------------

「……だから、やめろって言ったろ……」

目の前で弾け飛んだ少女の残骸を見ながら、悲しそうに一文字は呟く。

「『シールドマント』もないのに、生身で光速移動できるわけねーだろ……」

彼女にまだ理性が残っていれば、そのような手段には出なかったのかもしれない。
だが、その結果を知るものは、もういない。