※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本葉柔・真ケン勝負!


迷宮時計を握り締める手に、力がこもる。
真剣勝負――絶対に負けられない。
勝って、私は、大好きなあの人のことを手に入れる。
本葉柔の大きなおっぱいの中には、おっぱいよりも大きな想いが詰まっていた。

「ピ」「ピ」「ピピ」「ピ」
慎重に、迷宮時計へ数字を入力していく。
何度もやってたことがある操作なのに、今日は緊張感が半端じゃない。
手のひらにじっとりと汗がにじんでいる。
大きなおっぱいの奥で、心臓がバクバク爆音を響かせていて爆発しそう。
これは、時間との戦いだ。
必ず勝つ。
祈りを込めて、迷宮時計のSTARTボタンを押す!

「ピピピピッ! お料理はじまりーっ!」
陽気な電子音声で、迷宮時計が宣言する。
あらかじめ分量をはかっておいたデュラムセモリナを、沸騰した鍋に投入。
パスタは茹で時間が命……!
今日この日、私は最高のアルデンテを決めて見せる!
そしてそして、私は大好きなあいつと……!

本葉柔の持つ迷宮時計は、料理好きな彼女の特質を反映したのかキッチンタイマー型である。
2年前、柔は時計の所有者となったが、その後とくに対戦カードは組まれなかった。
迷宮時計の都市伝説なんて、やっぱり嘘だったのかな、と最近は思いはじめた。
万が一の事態に備えて特訓は欠かさないけど、今はそんなことより恋のが大事!
私は、今日、告白するのだ。

「ピピピピピピピピピピ。お料理、できあがりだよー!」
迷宮時計が茹で上がり時間をコールする。
プルルルルル。
同時に来客を知らせるインターホンの音。
あわわわわ、ど、ど、どうする!?
どっちが先!?
えええーいっ、アルデンテーッ!
素早く鍋をひっくり返して流しのザルにパスタを上げる!
流しがベゴンと音を立てる!
ザルを二度振ってお湯を切り、インターホンを取る。
手が滑って受話器が床に落ちる。あわてて拾う。

「も、もしもし、ほ、ほ、本葉です!」
いよいよ勝負!
パパとママが出掛けてる今日が、最大のチャンスだから!
万が一の事態に備えて、下着だって完璧だし!

††††

結局、告白はできなかった。
精魂込めて作った必殺のペペロンチーノは、過去最高にアルデンテで、とても美味しいって言ってもらえた。
問題は、迷宮時計だった。

学校のことを話したり、先輩がいかに強くて格好いいか熱弁したり、楽しい食事だった。
体の大きな彼は、四皿も食べてくれた。
大食いだけど、それでいて太らないのが不思議。
食べれば食べるほど、おっぱいに無駄な肉がつく私とは大違い。
そして、私と彼が初めて出会ったあの日の思い出ばなし。
そんな話、しなきゃ良かった。

あの日、私は迷宮時計の所有者となった。
その事を話した途端に、彼の表情が変わった。
それからは、迷宮時計の話ばっかり。
どうして先輩がそんなに迷宮時計に興味があるのか、私にはわからなかった。

そして……、最後まで……私は……、先輩に……想いを……伝えることは……できな……かっ……た……

■END■