※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第二回戦SS・動物園その2


ベッドの上。手を伸ばす。
デジタル時計の赤色光を、金属針が鈍く照らし返す。
取り込まれた欠片の時計。迷宮時計の一針が義手から僅かに覗く。

勝利に感慨はない。
たった一歩だ。遥かに遠い所に居るあいつには、決して届きそうにない。

おもむろに、能力を発動する。『ふたりきりの戦争(ハイ・タイド)』。
能力対象は、おれとあいつ。
だけど、赤い線はどこにも現れない。

これは、ただの儀式だ。
あいつが居ないことを、再確認するだけの儀式だ。
あいつの温度を忘れないようにするための、未練がましい儀式だ。

時計が輝く。

次の戦いだ。





真沼陽赫第2回戦SS『偽りの心、死へ』





闇夜の中、動物園は静まり返っていた。
獣のいびきさえ響かない静寂の中、対戦者の1人、真沼陽赫がこつ、こつ、と靴音を立てる。

動物園での三つ巴と聞いた時には、動物でも解放して、混戦状態で『ふたりきりの戦争』をふんだんに活かしての立ち回りこそが一番の上策と、彼は考えていた。しかし、状況はどうだ。
辺り一帯、生命の様子などまるで感じられない。そこに広がるのは、喉笛を喰いちぎられた無残な動物たちの姿。

異常なのは、地表だけではない。真沼は空を見上げる。
もう一つの地表が、上空を覆っている。馬鹿げた話だ。
それが“北海道”であることは、真沼には知る由もなかったが、目の前の現実が異常であることは理解できる。
北海道は、うっすらと光っている。月光を取り入れて、明かりとしているためだ。
魔人能力でしかありえない、この天上の大地。
彼にとって気がかりにはなるが、気にしたところでどうしようもない。上空を攻撃する手段など彼にはない。
スラスターを全開にすれば短時間の飛翔は可能だが、およそ現実的な手ではない。
推進剤の貯蔵量は決して多いとは言えないからだ。
普段の戦闘でさえ、極度推進格闘術理論に基づき、最小限の噴射量を意識して運用しているというのに。

それよりも憂慮すべきは、この動物群を惨殺した存在。まだ近くに潜んでいるのだろうか?

飼育箱が倒され、中身が散らばっている。
足元に転がる、餌用と思しき林檎を拾う。
それを引っ掴んだまま能力を起動する。『ふたりきりの戦争(ハイ・タイド)』。
世界がしばし解体され、格子模様の世界となる。
外形を失った世界は、隠された真実の一部を透かし通す。

能力発動の瞬間は、真沼陽赫の集中が最も研ぎ澄まされる瞬間だ。
暗転の一瞬間を、奇襲に生かせるかどうか。
ワイヤーフレーム状態での一瞬間に、敵をどれだけ見透かせるか。
伸びゆく赤い糸の方向から、対象が何処にいるのか。
彼の決闘能力は、防御能力であり、奇襲能力であり、偵察能力であり、索敵能力である。

ワイヤーフレームが透かし取ったのは、地面に伏せりこちらを伺う獣の姿。姿を消しているのか。
目では察知できなくても、ワイヤーフレームの一瞬ならば姿形を捉えられる。

『ふたりきりの戦争』が、真沼と林檎とを赤い輝線で結ぶ。
即座に林檎を握りつぶす。能力解除。
能力を再発動。対象は自分と、隠れ潜む獣。

真沼から赤い線が伸び、先端は虚空で留まる。
何者も存在しないかのように見えるそこに、確かに潜むは一匹の獣――エゾオコジョだ。

我々の知るようなオコジョは元来、雪に溶け込むための白い体表を有す動物である。
しかし、北海道の雪は宇宙線の影響により大きく変質し、色も特性も、時間とともに無数に変化する。
それに適応するため、宇宙線による進化が導き出した答えが、完全光学迷彩であった。
エゾオコジョは、視覚では絶対に捉えることのできない、残忍なる雪上のハンターである。

赤線の先端が動き出す。高速無音で向かってきている。
直線上から身を逸らし、横合いから殴りつける。
何も見えないはずの空間がわずかに歪み、呻き声のようなものが漏れる。
インパクトの感触もある。完全に入ったか。

赤い端点は地面に落ちて動かなかったが、しばらく経つと猛烈な勢いで離れていく。
一旦態勢を建て直して、再奇襲するつもりか。
仲間を呼ぶのかもしれない。そうであれば失敗だったか、と真沼は後悔する。

『ふたりきりの戦争』は、解除条件を満たさぬ限り自分からも解除できない。
能力対象が遠く逃げ去ってしまっては、柔軟に運用することは不可能だ。

「そういう時に限って、不運は重なる……ふざけやがって」

真沼は吐き捨てる。
こちらに接近(アデプト)してくる人影を認めたからだ。





「波浪(Hell-O)!」

それは真沼の回避よりも疾い、心臓狙いの一突き。
咄嗟に身体をよじり、左手で防ぐ!

『ふたりきりの戦争』による防御が十全に為されているはずの真沼の身体が、打突の衝撃に大きくよろめく。
たたらを踏みながら、倒れることだけは免れる。

「ドーモ、マヌマ=サン。ウィッキーです」

色黒の壮年男性が、片手を上げて挨拶する。
迷宮時計所有者。対戦者の1人である、リークス・ウィキ。

「こいつはお前の仕業か?」
周囲を見渡しながら、真沼が問いかける。

「No、こちらはミスター・蛎崎の能力でしょうね。『The Green, Green Grass Of Home』」

赤い糸がはらりとほつれて消えた。あの不可視の獣が死んだのか?
都合のいいことだ。あれを殺した存在が居るという事実に目を瞑れば。

「……おれが真沼の方だって、どうして知ってるんだ?」

ウィッキーさんは、大げさに肩をすくめてみせる。

「それはCheapな質問ですね。よくここまで生き延びられましたね?
決まってるじゃないですか、貴方のProfileを調べあげたからですよ。いつでも倒せる状態にまで。

おっと、じゃあ何故現実世界で奇襲(イントロデュース)しなかったのかって顔ですね?
そういう手を使うのは(クズ)に対してだけですので。
何より、こっちの世界である程度動いてみないと、迷宮時計を調べ尽くせませんからね」

真沼の表情は動かない。耳を貸さず、隙を慎重に伺うかのような姿勢。
ウィッキーさんは尚も続ける。

「真沼陽赫。希望崎学園3年生。現在不登校。一年留年していますね?
バトルスタイルはスラスターによる高速近接格闘。能力は『ふたりきりの戦争』、自称決闘能力。
迷宮時計の入手経緯。神敷由智というナジミ・オサナ――前保有者よりの継承。
彼女、一年ほど前にスーサイドしていますね?御愁傷様です」

神敷由智の名が出ると、ぴくりと眉が動く。
分かりやすい返答そのものだ。リークス・ウィキは看取している。

「愛しの彼女を蘇らせる!それが貴方の望みですね?」
「だったら?勝ちでも譲ってくれるのか?」

「そんな訳がありまセン」
大仰に首を振る。
いちいちのオーバーリアクションに、真沼は不快感を覚えつつあった。

「貴方の望みは、本当にそれですか?」
真沼に向けて、ウィッキーさんが指をさす。

「先程私が攻撃(ナイストゥーミーチュー)した際、どう防御しました貴方?
あからさまな心臓狙いの突きを、貴方左手で防御しましたよね?
Free! だった右手も使わず、狙われている心臓をこちらに近づけるように。
咄嗟に貴方、“心臓よりも右手を庇った”んですよね。迷宮時計となった右手を。
時計が絶対に壊れないことくらい、知っていますよね? それでも命よりも優先した」

「……何が言いたい」

「貴方、勝利して望みを叶えたいわけじゃないんでしょう。
愛する者のための復讐鬼は、ただのモチベーションを保つだけの“設定”。
実際は、その玩具を手放したくないだけの駄々っ子(ジュブナイラー)だ」

「黙れ……!」
真沼が動く。スラスターによる直線的な加速突き。
リークス・ウィキはそれを、軽々といなす。

「調べあげたと言ったでしょう!
貴方、私のことをウェッブで調べたでしょう、自らの論文を保管しているPCをそのまま使って!」

次なる連続攻撃をも、すべて打ち払う。
初速が付く前に出だしで迎撃し、威力を増させない。

「Extreme Thruster Combateについて、丸っと学習(リーク)させて頂きましたよ。
技術用語が多いデスねー。もう少し万人に分かりやすく書くことを勧めます。先生としてね」

変幻自在に見える攻撃も、理論的裏付けにより緻密にコントロールされている。それ故の精密性。
ただ単に闘うだけでは、その法則を理解することは困難だったかもしれない。
だが、その論文に触れ、自らの組織力を持って解析させていれば別だ。
基本を理解すれば、どうとでも立ち回れる。

「そして今ここが隙!」

額への軽いノック攻撃が、真沼の脳を揺らす。視界が真っ暗になる。

「からの――Kick(菊の花を手向けよう、という意味の英語)!」

英語の十分に乗った強烈な蹴りが、真沼の胴を捉えた。


「まだ死んではいませんよね?All Right?」

損傷はない。『ふたりきりの戦争』を土壇場で発動させていた。
能力対象は真沼自身と、傍らの木杭。赤い線が伸びている。

「Hum......それが件のハイ・タイド。ダメージが全く通りませんね」
思案顔のウィッキーさんを捨て置き、真沼はすぐに離脱態勢に入る。

ウィッキーさんは能力を全く無視して、膝打ちをかまして来る。
着弾。威力はないに等しい。しかし、ウィッキーさんの狙いは直接攻撃ではない。
特殊能力『TAI-Kansoku』による、五感操作。接触により、相手の五感全てを半分程度にまで抑え込む狙い。
しかし、それも発生しない。真沼は意に介せず、建物の中へと逃れようとする。小動物用の展示ブースだ。

「……Bad Statusも効きまセンか。なれば」
離脱する出足を掴もうと手を伸ばす。
掴み切ることこそ叶わなかったが、指先が真沼の足先を掠めた。
真沼はそのまま離脱しようとするが、その場でスラスターを止め、頭を押さえる。
感覚が急激に鋭敏化しており、脳の処理が追いついていないのだ。
少なくとも、複雑な演算が必須のETCを戦闘利用するには重すぎる負荷だ。

「Yeah!Hurry! ヤ・ハリ! Good Statusなら効く!つまり――」

ウィッキーさんが何かを取り出す。
真沼は咄嗟に視線を向けると、視界が真っ白に消えた。

「LED Flashlightデス。Warning!目に当てると失明の危険があります――」

懐から取り出した、LED電灯を放り捨てる。
この用意は、この間に閃光弾を使われたことに対する意趣返しのようなものだ。

「――ま、It's too lateですケド」





対戦相手二人の戦いを、僕は草陰に潜みながらつぶさに見ていた。
北海道は既に、動きを始めている。自分で出す動物を選んだりが出来ないのは少し辛いけど、
まあ何が出てもそれなりに頑張ってくれるだろう。北海道の生き物だから。

ターゲットを二人のままにしようかは、少し迷った。
ここで目の前のウィッキーさん一人に敵意を絞ってしまうと、真沼陽赫という対戦相手への対応が鈍ってしまう。
だけど、二人をターゲットにして一人も倒せないのが一番まずい。
動物たちに対しては、僕はあくまで攻撃目標を誘導しているだけだ。
指揮をしているわけじゃないから、ターゲットが散るとどう動くかわかったものじゃない。

だから一人に絞った、それは正解だった。
リークス・ウィキは、北海道に対して互角に渡り合っていたのだ。





薄明かりの中、遠景にエゾヒグマのシルエットがぼんやりと浮かび上がる。
遠く向こう。地鳴りのような、鳴き声が聞こえる。
距離が離れていてもその強大さが伝わるような、不吉な咆哮。
それを耳にしつつも、リークス・ウィキに動揺はない。

北海道、確かに驚異的な進化だ。自分の正面のタンチョウ(エゾヅル)と相対しながら彼は思う。
しかしAustraliaのKangaroo(カン・ガルー)(名状しがたきもの、の意)に比べれば、宇宙線の影響は知れている。
エゾヒグマも所詮、本場Alaskaのそれにも一歩及ばぬ劣化版(デミ・グリズリー)だ。

「日本は宇宙線後進国……」
リークス・ウィキはそう断言する。

目の前の獣は、白い大翼を威圧的に広げている。

「とはいえ、気は進みまセン。私はZoophilist(動物愛護家)ですから」
馬鹿にしているのか。蛎崎裕輔はそう思った。
この戦力に対して、手心を加える余裕があると言っている。

「キキイィィィィィ!」
いななきと共に羽撃くエゾヅル。空中に舞い上がり、無数の白羽が飛び散る。
その一つ一つが、高速振動機構を備えたナイフのように襲い来る。これがエゾヅルの恐ろしさだ。

夥しい数の高速振動羽ナイフ。その全てを軽々と躱す。

「人類のほとんどは、英語を少しでも齧ってしまっている。闘うだけなら獣相手がやりやすい。
獣は英語を使いませんから」

尚も連続で降りかかる白羽を躱す。流れ羽が地面に突き刺さり、ギニャア!と呻き声があがる。
身を隠していたエゾオコジョが振動羽に貫かれ、絶命していた。

「今のは私が避けたせいですけど、直接やってないですからしょうがないデスね。自然淘汰です。
貴方もそう思いますよね?ミスター・蛎崎裕輔?」

思わず受け答えそうになってしまい、唾を飲み込む。
あれは鎌かけだろう。見つかっていないはずだ。
自分で手を下していないから仕方がない。
自らの欺瞞を見透かされているようで、気味が悪かった。

「あ、黙っていても分かりますよ。はっきりと呼吸音と匂いが伝わりマスから」

リークス・ウィキは、五感を日頃より強化して生活している。
強化状態が日常ならば、それに慣れる。
慣れるとそちらが普段のパフォーマンスとなる。
その状態で、改めて『TAI-Kansoku』で五感を強化する。
再びそのまま、日常を過ごす。

そうして長年培われた彼の感覚器官は、もはや人のそれとはかけ離れている。
中堅以上の英語話者には、身体操作能力者の割合が顕著に高い。
三十段相当の英検段位を保持するには、強力な感受機能が不可欠であるためだ。

再びの羽攻撃。ウィッキーさんは難なく躱していく。
だが、この人はエゾヅルの恐ろしさを分かっていない。蛎崎は思う。
あの羽からは、神経毒が分泌される。振動によって周囲に蔓延し、直ぐに手遅れになるはず。

そのはずなのに、何故倒れない!

「匂いから察していましたが……『TAI-Kansoku』に神経毒など効きまセン」

感覚器機能を一倍に固定すれば、少なくとも、その場においては全く支障なく戦闘に移れるのだ。

男は樹を蹴り上がり、宙空のエゾヅルに飛び乗る。
そのまま羽を毟って、地上へと投げ降ろそうとする。
狙いは草むら。僕の隠れる場所を、正確に捉えている。
まずい。


その時、白い光線が煌めいた。
闇夜を過剰な明かりが包む。逆に目を開けられないほどに眩しい。

まばゆい光源の中、蒸発するエゾヅルの姿が目に焼きつく。
エゾヒグマの炎だ。僕は思わず目を逸らしてしまう。思い出してしまうから。
また一人、僕は手にかけたのだ。

「Damn!(何だよもう、を意味する英語)」

――違う。
光の中から、ウィッキーさんは飛び出してきていた。
片腕が焼け落ちて、グロテスクな焦げ跡を晒している。あれをギリギリで避けたのか。

呆けている暇はない。
一目散に逃げ出した。
逃げて、逃げて、逃げて、逃げる。それでいい。
手を下すのは僕じゃない。北海道だ。僕は悪くない。
逃げなければ、死ぬのは僕だ。






リークス・ウィキとて、エゾヒグマと相対して撃破することはとても不可能である。
彼もまた、息を潜める。
熱により歪む視界の中、イオン化した周囲の臭気を感じ取りながら、静かにエゾヒグマが去るのを待つ。

「Still,Still,Still,Still......」
英語によるバイタルサイン操作の甲斐あってか、エゾヒグマは気づかず去りつつある。
――まだだ。もう少し待たねばリスクが大きい。

その時彼は、考えては居なかった。
この状況で、まさか自分を狙いに来る馬鹿が居るとは。


ウィッキーさんの頭上に、真沼の姿があった。意識外からの奇襲!
だが、髪が風にはためく音でさえ、リークス・ウィキには検知できる!

『ふたりきりの戦争』。世界が暗転する。
彼の強化触覚はしかし、空気の流れを、熱源の位置を読み違えない。

ワイヤーフレームの義手を、隻腕が横払いにはたき落とす。
実体に戻りながら繰り出される、反撃の殴打。
インパクトの直前。ずん、と肚に響く音が鳴る。重い噴射音と共に、真沼の身体が後方に離れる。
ウィッキーさんの一撃は、真沼陽赫を捉えられない。

急転速により、地面に叩きつけられるように伏せる真沼を、リークス・ウィキが見下ろす。

真沼の手許からは、赤い線が伸びている。
先端が結ばれているのは、リークス・ウィキの喉元だ。
完全に一騎打ちの腹積もり。確実に狩らなければなるまいと、両者ともに認識している。
少年の目は死んでいない。立ち上がり、思い切りスラスターを吹き散らし、再び突撃してくる。

まだやる気か。リークス・ウィキは少々感嘆する。
捨て身の攻撃の構え。
防御を完全に捨てて、一撃必殺の超加速掌打に全てを費やすか。
迷宮時計の環境下だからこそ躊躇なく行える手だ。
先に当ててしまえば防御などせずとも即座に脱落するのだから。
悪くない、だが。

――甘い。彼は甘さの欠片もなく断ずる。

一撃離脱英会話は、高速飛来する真沼陽赫の先手を取る事ができる。

「Z(絶刀)!」

皮肉にも、刻訪朔のそれと相似の名を関す、同様の攻撃方法。
心臓を強かに撃ちぬく強襲狙撃手刀は、あやまたず真沼の胸部を一突きにした。はずだった。

しかし、それは胸元へ僅かに衝撃を与えるだけ。心臓を貫通しない。
疑問を呈す暇もなく、高速で叩きつけられるのは迷宮時計。
不壊の時計針が、リークス・ウィキの脳天を貫通していた。





リークス・ウィキの発言は、完全に的を射ていた。

真沼陽赫は、勝者が望みを叶えるという時計の妄言を、完全に信じているわけではない。
彼の妄執はただ一つ。

神敷由智の形見である迷宮時計。
彼女との最後の繋がりを、失いたくないという望み。それだけ。

それはつまり、彼はこの時計を、自分のものであるとは考えていないということ。
この時計は由智のもの。リークス・ウィキが、それを認識させた。
『ふたりきりの戦争』の指定対象は、リークス・ウィキと、この迷宮時計。
対象以外、すなわち真沼本体への攻撃は、威力を大きく減じられていた。

真沼は残心を終え、時計にちらりと目をやる。
目が霞む。視力が落ちている。
ウィッキーと名乗った彼は最後の手刀時、能力をも起動させていたのだろう。
あれで殺しきれなかった時のことまで考慮して。用意周到なことだ、と彼は思惟する。

視界はすぐに戻る。真沼は、これが死亡解除される能力と断ずる。
敵はあと一人。しかし一人ではない。

そびえ立つ黒き大質量の暴威、エゾヒグマ。
北海道における、最悪の大敵がそこに居た。





真沼は全力でスラスター噴射を続ける。
『ふたりきりの戦争』を、自分の進路のオブジェクトに対して使用しながら。
発動後、ワイヤーフレーム状態で蛎崎の潜伏位置を索敵、即座に能力対象を破壊する。そして再使用。
始動エフェクトを引き出すためだけの、この作業の繰り返しだ。
全力で高速移動を行いながらという、厳しい状況下での行程。
真沼は理解している。『ふたりきりの戦争』でも、あのデカブツ(エゾヒグマ)の放射熱線には耐え切れないであろうことを。
今も自分は狙われ続けている。つまりは、脚を止めたらそこで終わる。

推進剤を切らすのが早いか、熱線に捕らえられるのが早いか、蛎崎を見つけるのが早いか。
何にせよ、自分は死ぬだろう。そう真沼は考えている。


『ふたりきりの戦争』。敵は見当たらない。能力を解除。

『ふたりきりの戦争』。敵は見当たらない。能力を解除。

『ふたりきりの戦争』。敵は見当たらない。能力を解除。熱線がすぐ近くを掠めた。

『ふたりきりの戦争』。敵は見当たらない。能力を解除。

『ふたりきりの戦争』。敵は見当たらない。緊急回避。能力を解除し損なう。全力で舞い戻る。能力を解除。

『ふたりきりの戦争』。敵は見当たらない。能力を解除。

『ふたりきりの戦争』。敵が見つかる。能力を解除!

向こうも気づかれたことを察したのだろう、全力で逃げ出す。
だが、機動力にはかなりの差がある。一気に距離が詰まる。
手を伸ばす。もう少しで手が届く。その時。

エゾオコジョが、真沼の横っ腹を喰いちぎっていた。
そのまま前のめりに倒れる。地面に激突する。
大きくダメージを受けたはずだ。それでもなお推進を止めない。
地面を半ば引きずるように進みゆく真沼が、再び手を伸ばす。
ついに、蛎崎は足首を掴まれる。

――それが何だ。その体勢相手なら僕にだってやれる。
蛎崎が護身用のナイフを取り出す。エゾヅルの羽を加工した高速振動ナイフ。

それを振り下ろす前に、蛎崎ははたと異変に気づく。
自分の心臓から、赤い糸が伸びていた。その先には、エゾヒグマの口腔。
『ふたりきりの戦争』。エゾヒグマに照準を教えるかのように、赤い線は真っ直ぐに張られていた。

蛎崎は自分の迂闊を悟る。だが遅い。

エゾヒグマに対して、狙いを誘導することは出来る。だが、蛎崎を狙わないように、という指示は出来ない。
北海道の自然は平等に過酷なのだ。誰かを殊更に害することはあれど、誰かを特別害さないことはありえない。

口元が白く輝く。
もうお終いだ。蛎崎は理解する。

猛烈な熱線が、2人を含む周囲一帯を巻き込んだ。


















時間が鈍化する。全てがスローモーションに感じられる中、強く伝わるものがある。

熱い。灼ける。

体の中の物すべてを、吐き出しそうになる。

身体が自分を保てない。熱い。熱い。熱い。


こんなことのために、死ぬ間際の感覚はゆっくりとなるんだろうか。

冗談じゃない。早く終わらせてほしい。灼ける、灼ける、熱い。


苦しい、熱い。


本屋文(あのひと)もこんな苦しみを味わったのだろうか。

母さんもこんな苦しみを味わったのだろうか。

痛みもなく逝ったとばかり思っていたけれど。



――ああ。



僕は納得していた。

僕は、北海道に帰りたかったんじゃない。

母さんと父さんのところに行きたかったんだ。

ああやって、圧倒的な力の前に理不尽に死んで行きたかったんだ。

これでもう、僕も立派な道民だ。母さんや父さんと同じ道民だ。



もう熱くない。苦しくもない。だけど、ひどく眠い。






【リークス・ウィキ】:死亡。真沼陽赫の迷宮時計により刺殺。
【蛎崎裕輔】:死亡。エゾヒグマの放射熱線により焼殺。
【真沼陽赫】:死亡。エゾヒグマの放射熱線により焼殺。※


※最終死亡者である真沼陽赫について、迷宮時計による蘇生効用を確認。