※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第一回戦SS・大都市その1


 いくつもの建造物が空を穿ち、地面の下に人の道が張り巡らされた近代都市に在っても、ストルデューンは、迷うことを知らぬ。
閉じられたその目に映った、赤く、赤い世界。それが彼を導く。大凡、人の知りえぬそれは、彼を裏切ることは無い。
街の中を、歩き、渡り、昇り、何時しか彼は、街の中でも、群を抜いて高いビルの上に立っていた。

ストルデューンは右目を開いた。赤い世界は消え、不完全な、光によって形作られた、白と黒の世界が彼を包んだ。
「存在するものは毅然としてあり、空間の中に一点の肖像を作り出す……」
次いで、眼下の街に異変が起こる。ビルとビルの隙間、あるいはその上から、まるで透明な水に絵の具を垂らしたかのように、ゆっくりと黒が広がりはじめたのだ。
ゆっくり、といっても、それは、ストルデューンの視点での話である。
もしも、この都市が何時も通り、人に溢れ返っていたのなら。人々には、黒い煙が意思を持ち、街を覆いつくそうとしているように見えただろう。
それは、ストルデューンの対戦相手である、時ヶ峰健一から見ても、同じことであった。

異変に気づいた時々峰は、街を満たそうとする黒に捕らわれぬよう、ビルの隙間を、まるで忍者のように、上へ上へと登っていく。
一呼吸、二呼吸のうちに、時々峰は、ビルの屋上へと降り立った。そこで彼は、より高みから、自らを、そしてこの街全てを見下ろす、黒い魔眼を見た。
時々峰はそれが、この黒を生み出した魔人であること、此度の倒すべき敵であることを悟った。

僅かな間に、街は黒で覆い尽くされていた。人の英知を集めて作られた近代都市が、墨の海に沈んでいる。
ストルデューンと時々峰が、それぞれ立っている物を含め、黒に侵されていない足場は、もはや数えるほどしか残っていない。

カラドボルグ(いなずまのけん)、」
時々峰がその名を呟くと同時、その手の中に、一振りの剣が現れた。
直後、時々峰の腕が閃いた。放たれた斬撃は彼我にある数十mの距離を無視し、ストルデューンの立つビルの一角を斬り飛ばした。

「俺は不意打ちを好かん。名誉なき勝利に、意味など無いと考えている。故に、説明しよう。」
カラドボルグ(いなずまのけん)、ケルトの神話に記されるその魔剣の効果は、無限の間合い。
「見ての通り、この剣に距離は意味を成さない。お前のいるそこも、間合いの内。次は確実に貴様自身を斬る。」
手に持った剣を構えなおしながら、時々峰が続ける。
「貴様の能力の規模は凄まじい。これほど大規模なものは初めてだ。だが、直ぐにわかった。これでは俺のけんは防げん。降参するなら、今だ。」

ストルデューンは答えず……代わりに閉じられていた左目を開いた。
時々峰健一は、大きな勘違いをしていた。一つは、ストルデューンの能力がこの、黒を生み出すだけだということ。
「存在するものは毅然としてあり、空間の中に一点の肖像を作り出す……」
そしてもう一つ。溢れ返る黒を避け、ストルデューンの前にたどり着けたのは、自らの強さ故、と思っていた事。

蕩う黒の海を押しのけ、間から穢れなき白が顔を出す。それはストルデューンの立つビルよりも高い、巨大な人型を作った。
海坊主。黒い海に沈んだ街に、白い怪異が描き出されていた。
今、この瞬間、戦場は一つの芸術となった。時々峰は、一瞬、それに見ほれた。それは致命的な一瞬であった。
描き出された白い(かいな)が、時々峰と、彼の立っていたビルを飲み込んだ。

「存在するものは毅然としてあり、空間の中に一点の肖像を作り出す……」
何の事は無い。ストルデューンはこれを、戦いと思っていなかった。これまでの自称は全て、作品を生み出す為の過程に過ぎない。
作品に、魔人を組み込むことも可能だ。命をも内包した作品は、より優れた作品となる。
しかし、時々峰はそうではなかった。このキャンパスに、彼は不要だったのだ。

ストルデューンの能力は、たとえ視界から離れようと、消えることは無い。
たとえ、彼がこの世界を去った後も、黒と白で形作られたキャンパスは、街に残り続けるだろう。




だが、そうはならなかった。戦闘終了を告げる合図は鳴らず、辺りを、轟音が包み込んだ。
爆風が吹き荒れる中、ストルデューンは両目をカッと見開いた。
先ほどまで存在した、黒と白の芸術は吹き飛ばされ、代わりに、巨大なクレーターが出来上がっていた。

その中心点には、一人の男。2m50cmを優に越す巨体、服の上から見てもわかるほど鍛えられ上げた、鋼鉄のような肉体。
地面についた拳からは煙が立ち上がり、この破壊を起こしたのが彼自身であることを示していた。
「もう一度言おう。貴様の能力では、俺の拳は防げん。」
男の名は時々峰健一。2014年現在、希望崎学園最強と目される男である。

カラドボルグ(いなずまのけん)。ケルト神話に現れる剣。」
時々峰が、手に持った剣を掲げ、迷うことなく上に放り上げた。

「その刀身は持ち主の意を反映し、無限に伸びると言われ、伝承では、その場から遠く離れた丘を、容易く斬ったと言われている。」
代わりに空いた手に、新しい剣が召還……されなかった。

「そして」
その手は何を掴む事も無く、握り締められ、剣ではなく、拳が生み出された。

「それを上回る」
重力に従い、剣が落ち、時々峰の目線と重なった。

「こいつが俺の筋力だ」

拳が振るわれ、再びの轟音と共に、ストルデューンの体は、地上数十mの空へと投げ出された。
つい先ほどまで彼が立っていたビルは、失敗したただるま落しのように、空中にばら撒かれていた。

時ヶ峰健一は背を向け歩き出した。彼の拳を受けた剣は、粉々になり宙に舞って行った。
ストルデューンは、その体が地面につく、僅かな間に能力を使った。

白と黒が混じりあい、時々峰の進む先に、美しい道を作った。
それがストルデューンの最後の作品となった。

「存在するものは……」
彼が言い切る前に、かちり、と音が成り、二つの迷宮時計が一つとなった。
時ヶ峰健一はそのまま歩き続け、その姿を消した。

術者が死に、ストルデューンの能力は解除されたかもしれない。
しかし、そうであろうと無かろうと、時々峰健一は、彼の最後の作品を、一生忘れることは無いだろう。