対話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

磐田市のとった方法は、徹底的な対話でした。残った社員達と北牌を繰り返し、
一人一人の適性や潜在能力を見極める、負債的なポジションに配置する。
附則大人的式の最適に生かすためにこうした企業に、ほとんど1ヶ月を費やしたといいます。
そして自ら開発の先頭の本率先してハードの開発を手がけ、社員を引っ張っていきました。
対話によって社員のポテンシャルを引き出し、それを会社のエネルギーに変えると言い渡した手法は現在の任天堂にも引き継がれていました。
こうした努力の結果hal研究所は星のカービィやスマッシュブラザーズと言う任天堂向けのソフトと南ヒット作を作り出しました