歴史


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世界大戦から丹下の形成

帝国主義を掲げた二大国(「武蔵」「八坂」)の衝突により世界大戦が勃り、
大地を削り海を割くような近代兵器(零爆)が二大国間に投下された事で、
帝国主義にさらされつつあった国家を持たない海遊民族や極北・極南に住む人々は
この世界的危機に緊張し、手を取り合って「丹下」という国家を形成した。

壁と呪い

丹下の人々は戦乱から逃れる為に神道教の伝承に従って、
極南に埋没していた古代の遺物である黒い箱を開放し、
極北と極南を彼らが移り住んでいた新洋の島々で繋ぎ、そこを守る凍りついたを発生させた。
から発する冷気は電波などを阻害し、レーダー類の使用や電波通信を不可能にするもので、
これだけでも近代戦争の戦力は大幅に削られる事となったが、
それだけではなく、丹下はの発生と同時に「動物以外の空を飛ぶもの」が
空中で推進力・浮力を発揮した瞬間に収縮消滅する呪いを世界中にかける事にも成功する。
この 呪い により、近代戦争の花形とも言える戦闘機を失った二大国は大混乱に見舞われ、大戦は一時休戦となった。
それが、約100年前の事である。

近年の動き

丹下は永久的に中立である事を世界に宣言して以来100年間鎖国し、
呪いもとけることはなかったが、二大国は休戦協定を棄却。
100年間独自に進化させた兵装と、 と同時に突如全世界に発生した
未知のエネルギーを体内に宿す人間「 狂人 」を兵士として、再び開戦した。
しかし帝国主義に離反する属国の革命軍、丹下ではない諸国も連盟・連合を組織して二大国に抗戦し、世は戦乱の様相を色濃くする。

M∀D=H◎UNDの登場

戦乱の様相の色濃いこの世界に望まれた様に、傭兵集団「M∀D=H◎UND」は現れた。
戦争によって狂化が引き起こされ、戦場には狂人が生まれる。
狂人となった人々は狂化を引き起こした国家を恨んだり、戦場の血に酔って闘争を求め全ての枠組みを越えた自由を求める。
狂人のエネルギーによる軍事技術の革新に熱狂した技術者たちは、より自由な研究が出来、被験者にも不自由する事のない場を求める。
ある意味、当然の過程と当然の結果ではあった。
「M∀D=H◎UND」はハーメルンの様に戦場から狂人と狂人研究者を奪い去り、
大海に浮かぶ孤島にその本拠地を構え、全世界に死を振りまく傭兵集団として瞬く間にその名を世に知らしめる事となる。

現在

現在の戦争勢力は主に4つに分けられる。
  • 二大国の一角である 八坂 と、新洋に面した島国である 大日 が手を結び成立した 八日同盟 (ヨウカドウメイ)
  • 二大国のもう一角 武蔵 と、 常盤常陸 をはじめとしたその属国群からなる 武蔵協定 (ムサシキョウテイ)
  • 八坂と大日に囲まれ侵略されつつある諸国が、旧大国の を中心として結成した 東西国連盟 (ムヒガシサイゴクレンメイ)
  • 数少ない丹下との国交がある 新羅白義 と海賊国家 倶利伽羅 の、旧洋に浮かぶ島国三国からなる 旧洋三国連合 (キュウヨウサンゴクレンゴウ)
この4つの勢力が互いに牽制し合い複雑に絡み合った戦争状態にありつつ、
絶対中立のまま鎖国を続ける 丹下 と、その懐刀とも言える軍事力を持つ 大和 が傍観姿勢を取り、
戦場には「M∀D=H◎UND」の傭兵たちが大量に投入されている。それが、現在の世界情勢である。