世界観

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

近代と近未来の技術・文化が綯い交ぜになった、戦争が終わらない平面世界6th
その世界の中心に本拠地を構え、全世界の戦場に兵を派遣する
最強と謳われた傭兵集団M∀D=H◎UND
これは戦乱の中に生きる戦士の物語


6th

戦争の混乱によって黒い箱が開かれ、に分断され呪いに覆われた世界。
の出現によって、世界を球面として移動できなくなり(=世界の平面化)
呪いの蔓延によって電波通信と航空兵器が使えなくなったが(=近代戦争の終焉)
同時に現れた狂人を兵力として、終わらない戦争が続いている。

M∀D=H◎UND

「6th」の中心に本拠地を構える傭兵集団。所属する全ての兵士は狂人である。
この精鋭である集団は切磋琢磨し、狂人の力を活かした最先端の戦闘技術・軍事科学を誇る。
彼らは世界各国どこの戦場にも現れ、契約軍に忠誠を誓い、けして逃げる事なく戦い、
構成員同士の戦闘も厭わず、戦場で報酬に見合う戦果を奪い合う。
まるで「狂った狗」の様に。


語句解説(50音順)

重要語句を解説します※ここから移動させるか独立ページにする可能性大

壁(カベ)

世界を平面化した壁。氷で覆われ、常に冷気を発散している。
この冷気が電波通信を阻害し、航空機の使用を不可能にしていると思われる。
このような特性を持ちつつ丹下という極北と極南に跨る新洋の島国の全てを隠し、
隔離している為に、その壁の東西を行き来する術がなく「世界を平面化した壁」と呼ばれている。

狂人(キョウジン)

黒い箱が開かれた事により現れ始めた、人外の能力に目覚めた人間。
極大の精神的な負荷が掛かり「狂化」する事によって発現する。
例:目の前で両親を亡くす、人を殺してしまう、など。
戦争による悲劇の連鎖でその人数は増えていると言えるが、人外の能力の暴走や、
トラウマから来る過重で精神崩壊を起こすなどして長くは生きられない。
一般人との見分け方は、暗所ではその瞳孔から燐光が観察できる事。

神道教(シントウキョウ)

主に丹下の人間に信仰されている宗教。
世界的には「宗教」という認識だが、実情神職に当たる職業の者は存在せず、
言い伝えなど予言の集積である側面が強い。親から子へ伝えられ、歌が詠われ広まる。
内容は「唯一絶対の神の御心に人々が弄ばれながら、喜怒哀楽し生きて死ぬ物語」が殆ど。
いかに「神」とともにあるか、という生き方の教えとも取れる部分もある。
この神道教の伝承に則り、丹下の人々は「黒い箱」を開放し、世界を平面化して呪いで包んだ。

精霊教(セイレイキョウ)

主に八坂と武蔵で信仰されている世界でもっとも一般的な宗教。
内容は「遍くある精霊の恩寵に感謝する大切さを説く教え」が殆ど。
八坂では精霊正教、武蔵では精霊真教という名で伝わっており、教義は少し異なる。