トップページ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バジリカ建設

バジリカ建設は、西洋建築様式の一つである。
バジリカ建設は、主に古代ローマの公共の建築物で用いられた様式である。
バジリカ建設は、建築様式を示す言葉であると同時にキリスト教における特別な地位を占める聖堂の名称としても「バジリカ」が使用されている。
バジリカ建設は、10世紀頃までに教会建築が終わりロマネスク建築の時代に移る。
バジリカ建設は、ロマネスク様式の聖堂においても基本設計が堅持されている。
サン・ピエトロ旧聖堂の建築様式は、バジリカ建設である。
サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂の建築様式は、バジリカ建設である。

バジリカ建設とは

バジリカ建設とは、古代ローマ時代に公共建築物などに用いられた西洋建築様式の一様式である。平面形式の建築様式であり、中央の身廊の2辺ないしはそれ以上の辺を、側廊によって取り囲むものをバジリカ建設という。身廊と側廊は列柱によって分けられており、採光用の高窓が設けられている特徴がみられる。
バジリカ建設の他に、バジリカ式や長堂式とも呼ばれている。

バジリカ建設を用いた代表的な建築物

  • サン・ピエトロ旧聖堂
  • サンタ・マリア・マジョーレ教会
  • サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂
  • サンタポリナーレ・ヌオヴォ聖堂


バジリカ建設



バジリカ建設建築様式 バジリカ建設教会 バジリカ建設ローマ建 バジリカ建設キリスト教 バジリカ建設東方教会 バジリカ建設円蓋式 バジリカ建設ミストラ型 バジリカ建設長堂式 バジリカ建設basilica バジリカ建設クロスドーム