Twitter上に存在していたユーザーで正式なユーザー名は「野間口律」。現在はアカウントを削除している。

 プロフィールには若い女性らしい文章で「彼氏持ちの女子大生」と紹介していたものの、2014年9月1日放送の『ビートたけしのTVタックル』内に出演したオタクの男性である事を自らツイートで公表した。

 番組内に出演した当時は早稲田大学文学部の4年生で就職の内定も決まっていた。センター試験の日本史教科で98点を獲得したと答えている。嫁艦は戦艦の比叡(艦これの比叡は姉妹艦である金剛を慕っているためケッコンカッコカリをしても拒否される)でこのキャラのTシャツを着ていた。

 自分の顔写真や名前などを晒す若い女性(おそらくスイーツ(笑)やま~ん(笑)と呼ばれる層)を批判していたものの野間口自身が顔をさらした結果、本名はおろか住所や就職先まで特定されてTwitterを退会せざるを得なかった。

 TVタックル放送以降は「アニメの表現規制に立ち向かった勇者」など賞賛されている反面、「艦これ厨のステレオタイプ」や「学歴と道徳は比例しない」という事例、『犯罪者(番組内で「未成年の少女に手を出すなどの夢を見たことがあるか」と問われたところ「あります」と答えた事から)』というレッテルを貼り付けられている。