角川ゲームス開発・DMM運営のブラウザゲーム。第二次世界大戦中に活躍及び大日本帝国が保有していた軍艦を美少女擬人化した『艦娘』を育成・戦闘させ、各ステージに点在する敵・深海棲艦を倒し最強の艦隊をつくり、同時に多くの艦娘と出会い図鑑を埋めることが目的である。

 今日のソーシャルゲームではお馴染みとなった課金制度は最小限に抑えられ、課金をせずとも仲間にできる艦娘やゲーム進行には支障が出ない。利益は課金ではなく、多数のメディア展開から取る模様。

 時折サーバー(ファンからは鎮守府と呼ばれる)が満員となり、ゲームをプレイしたくてもプレイ出来ない人が数多くいた。

 DMMの利用規約上18歳未満はプレイ出来ないはずだが、あらゆるサイトでのピックアップで目にしたり、インターネット上以外での商業施設でもコーナーが組まれたりする為艦これに興味を持つ未成年が増え、年齢を詐称(あるいは18歳以上の家族の名義を使用)して登録し、原作ゲームをプレイする未成年ユーザーも少なくない。

 無課金によるデメリットが少ない・ゲームシステムが簡単だと謳われがちであるが長時間続けてプレイしなければ難しい上に、敵に対するダメージ判定やステージの進行ルートなどがランダムに行われる所謂「運ゲー」であり、無修正のバグも多数ある。最近ではゲーム中で「ケッコンカッコカリ」と呼ばれるレベル上限の上昇システムによって課金と無課金でキャラクターレベルが50も離れてしまうという事が起こるようになった。