幻想2018序章 Last Moons

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

空白の一年間何が起きたのか?

登場人物

G-LEGENDS


八雲橙
序盤の主人公。関東制覇を控えていた
愛車はツインチャージャ仕様のAW11 MR-2
しばらく留守にしてたが、突如インディーオレンジに塗り変えた
アキュラNSX(新型)に乗り換えカムバックする

中村ルーミア
序盤~後編まで登場するファクター
両方の主人公にとっては頼れるメカニックとして登場
自身も愛車はWRCルックスのカローラFX*1で峠を攻める
橙のカムバックを受けて、黒のスープラFT-1にのりかえる

霧雨魔理沙
序盤のみ登場。八ヶ岳峠防衛ラインルート12最後の砦
今回のマシンはスポコンのような色使いのデルソル
MR化し前後はパイプフレームとなっている
エンジンはハクレイレーシングのB18kai
足周りはレーシングショップ シスタード・スカーレットの
フォーミュラカー用

じつは魔理沙は魔理沙でもRE霧雨の店長とは別人
元の愛機はARROW ONE NSX-S/ZERO

古明地こいし
地霊Speed現リーダー。現時点でもハチロクをつかうがN2ルックになっている
エンジンやサスダンパーなどはAE92用のにしている

霧雨チルノ
ルーミアの旧友で、ロータリー使い。
愛車は1997年型マツダRX-7(氷のFD)⇒2003年型マツダRX-8(上り最速の函館のSE)⇒
1985年型ホンダシビック Si(アイスワンダー) ⇒(中略)⇒1999年型アンフィニRX-7
と変貌をとげ、二台目のRX-8に落ち着いた はずだったが急に新型ロータリーマシン。
RX-9にスイッチングする

エンシェント・デビル


マエリベリー・ハーン
前編から後編での主人公
エキシージ仕様のロータスエリーゼにのる
紫によく似ているが藍からは他人の空似と言われる


犬走結
伝説の走り屋と言われているが現役時代の経歴は不明
何故か年をとってないのと、シルエイティのほかにFC3Sに乗っているのに
藍や諏訪子から不審に思われる

古明地さとり
元地霊Speedリーダー。現在はフルエアロのAE111トレノにのる
犬走結の正体を知る唯一の人物

???
黒いスープラに乗る謎の走り屋
幻想郷混乱期で最速の走り屋立ったが突如消えた伝説を持つ
彼女のスープラは早さの次元が違い、妖気が漂う。



BLACK OPS/BLACK LISTs

南川作也
ブラック・オプス編の主人公
FC3SのGT-Xにのる。このマシンはR.T.白狼のデモカーと外装は同様の仕様で
JSS風のエアロに420PSまでチューンされた20B-REWを搭載する色は黒。
タイヤホイールはワークをグッドイヤーのハイグリップタイヤを引っ張りで穿く
ちなみに性別は女性

「冗談じゃないぜ!」

ショーン・アーカム
もう一人の主人公。走り屋系暴走族をやっている夜叉であるが自由に変化ができる
革命家で在った父の意志を引き継ぐが
Blacklistsの連中とは合わないのか別行動をとっている
愛車のSA22C型RX-7はIMSAGT仕様になっているのとチームのマークがドクロとカットラス
ということ以外は不明
愛称は「キャラコ・ジャック」

「ヒロブミめ、あの馬鹿なにをやっているんだ」
「Do not worry, the plan smoothness.It is our victory.」
if kill guy After,my father said that was hoped, some obligation to me about it.

レイン・アーカム
ショーンの義妹
戦争孤児で四歳の頃にショーンの父に養子として迎えられた(ショーンは当時12歳)
父の愛車だったCB550Fourに乗る他ショーンのRX-7のナビシートに座り
応戦する。ちなみに一方的なブラコンでまたファザコン
英語とラテン語しか話せない。

「Dad. Seditio tum mirifice sperabat se super semita tandem」


{南川一也(かずや)|
作也の姉。VRT幻想郷支部で走るターミネーター。
昔は山の自警団をやっていたこともあり初期の特殊交通機動隊に任命されるが
とある事件をきっかけに警察をやめVRTに入る。