SKE48の概要

AKB48自体も含めて日本国内に4組、国外を含めると6組あるAKB48の「姉妹グループ」(「姉妹ユニット」)の1つで、AKB48最初の姉妹グループとして2008年7月に結成、同年8月23日にお披露目された。名古屋市中区の栄(さかえ)に専用劇場を置き活動の拠点としている。グループ名のアルファベット部"SKE"は栄のローマ字表記(SaKaE)に由来する。

専用劇場の『SKE48劇場』は、名古屋市営地下鉄栄駅よりサカエチカを通じて直結する複合ビル「サンシャイン栄」の2階にある。2008年10月5日に初公演を行った。通常ほぼ毎日のペースで定期的に行われている「劇場公演」は、3つの正規チームや研究生などがそれぞれに割り当てられた演目を交代で上演するもので、約2時間の歌・ダンス・トークからなる。現在の劇場は3か月余りの改装期間を経て2012年12月9日にオープンした専用劇場である。2012年8月までは複合スタジオ『SUNSHINE STUDIO』であり、SKE48の公演以外でも利用されていた。このことが、2012年春のコンサートのタイトル『SKE専用劇場は秋までにできるのか?』に採用されたという経緯もある。

他の姉妹グループと同様に「AKB48グループ」(「48プロジェクト」)の一翼を担っていて、「会いに行くアイドル」という基本コンセプト、劇場公演や握手会などの基本フォーマットは共通している。また、「AKB48」名義で開催される握手会(全国握手会)やコンサートなどのイベントにも参加するほか、一部のメンバーはグループ間の兼任や移籍を行っている。さらに、「SKE48」名義のシングルとは別に、SKE48のメンバーが「AKB48」名義のシングルの歌唱メンバー(選抜メンバー)に選出されAKB48として活動を行う場合もある。