皆見市交通の車輛


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

皆見市交通車輛

このページでは、皆見市営バス、および民営化後の皆見市交通で使用されている、されていた車輛を掲載している。
本項目のバス画像はノンスケールです。閲覧の際、縮尺など異なる点があることをご理解の上閲覧くださいますよう、お願いします。


特徴

未だにサボを堅持している。

皆見市交通バス最大の特徴とも言うべき点。路線運用車輛(特定運用兼任車も含む)にサボ受けを備えており、前面および後面には方向幕と併用して系統番号サボを使用している。これは沖縄本島民営路線バス4社(沖縄・東陽・那覇・琉球)と同じものを採用したためであり(ただし、那覇バスの那覇市内線車および沖縄バスのワンステップ車輛の一部はサボを使用していない)、あかぎおよびそよかぜ加盟社で数少ない、特徴あるシステムとなっている。なお、来年度内に交通バリアフリー法に準拠するため、側面経由地サボを廃し、前面および後面の系統番号サボのみを使用、側面はLED式に変更することが決定している。使用済みのサボは一部を除き、売却する予定となっている(故障時に代用するため)。

屋根上に車番を記載している

バスハイジャックに対する対策として、屋根上に番号を表記、上空からの追跡を行いやすくしている。なお、荻鉄は2012年度内に保存車を除き、新護屋バス・金皆交通は2011年度に完了。

ワンステップバスの導入が多い

『ワンステップバスが収容力が大きい』との、ノンステップバス初期の問題点から、多くの新車がワンステップバスでの導入となっている。また、勾配が多い路線や航送のある路線があることからも、ワンステップバス中心での導入となっている。

付番法則

ナンバープレートの番号を割り振っているが、重複を避けるため、希望ナンバーを用いている(皆見32x)。なお、車体表記で番号の前に●がついているものは、研修用車輛であり、通常は一般運用に用いられない。

現有車輛



路線車

基本的に2・3扉車。トップドア車は1988年の乗降方式改正以来、導入されていない。
画像 メーカー・車種 つぶやき 備考
三菱ふそう製・エアロスター 2007年導入。皆見市営バスの主力車輛。
いすゞ製・エルガ 2007年導入。ワンツーマン及び航送対応 塩害対策施工済み
羽野自動車製・LKG-RA2NPKA 2011年導入。
羽野自動車製・LKG-RA2NLKA 2011年導入。観光顔のレア車。
大洋ディーセル製・インターシティ改 2012年導入。ワンツーマン車で2・21系統専任。間合いで3・16・17系統で運行。 運用が固定化されているため幕式。
日野製・ブルーリボンシティ改(KL-HU2PMEA) 中鉄バスより移籍。画像は3系統(荻鉄運行)にて間合い運行されているときの姿です。
大洋ディーセル製・シティスニーカー7(TKG-JM280CE) 一部狭窄・閑散路線用。
日野製・ブルーリボンシティ改(KL-HU2PMEA) 四鳴バスより移籍。ワンツーマン車。 9系統櫻ノ台大学線専任車・画像はシャトルバス運行時のものです
日野製・リエッセ(KC-RX4JFAA) 中鉄バスより移籍。 画像は試運転時のものです
半田磐原バス製造製・フェンリル《QKG-SA450AM》 皆見市交通完全移管後初の新車。
日産ディーゼル製・RN《KC-RN210CSN》 坂田バス販売を通じ移籍。狭窄路線向け。
画像 メーカー・車種 つぶやき 備考

貸切車

貸切専用車として、豪華な設備を兼ね備えている。塗装は専用塗装が施されており、一部車両はツーリストとの契約塗装となっている。
画像 メーカー・車種 つぶやき 備考
日産ディーゼル製・スペースアロー 1995年、市営バス観光事業開始と同時に導入。皆見市営バス貸切車の主力。時折、高速線の代車として路線に就くことも。
大洋ディーゼル製・LKG-KM530H2 2011年導入。時折、高速線の代車として路線に就くことも。 高速車に同型車在籍。

職用車(主に非一般運用)

画像 メーカー・車種 使用用途 つぶやき 備考
日野自動車製・ブルーリボン 教習車 旧営業運用車。白ナンバー登録のため、営業運転不可 識別のため、意図的に旧塗装
日野自動車製・ブルーリボン 教習車兼予備車 1237号車と異なり営業運転可能 識別のため、意図的に旧塗装

過去の車輛


ここには、廃系列となった車輛のみ表示。
画像 メーカー・車種 最終配置 つぶやき 廃車理由 備考
日野自動車製・ブルーリボン 皆見営業所 最後のトップドア車 経年劣化および乗降方式変更のため 民間払下げ済み(スクールバス)
美並自動車製造製・KB1566 皆見営業所 最後のボンネットバス 経年劣化 荻鉄で同型車が保存および運行中
三菱ふそう製・エアロミディMK 皆見西営業所 1990年導入。 経年劣化
半田磐原バス製造製・キングダムクルーザー 皆見営業所 2012年導入。 高速バス撤退による過剰車輛として 荻鉄へ売却
大洋ディーゼル製・LKG-KM530H2 皆見営業所 2011年導入。側面サボ受けは緊急用。
大洋ディーセル製・アーバンクルーザーダブルデッカー 皆見営業所 2012年導入。荻鉄と共同導入のダブルデッカー。

払下げ


以下の車輛を払下げいたします。在庫は2台です。
三菱ふそう製・エアロミディMK 1990年製
  • 2台購入します。寒冷地にて急行運用に充てようと思うのですが、大丈夫でしょうか? -- 八谷急行バス (2014-01-06 17:24:06)
  • 八谷急行バス様 いわゆる寒冷地仕様ではありません。ですがある程度までであれば大丈夫かと思います。 -- 皆見市財務部 (2014-01-07 18:28:37)
  • わかりました。 -- 八谷急行バス (2014-01-07 18:48:00)
名前:
コメント:


車両は逐一追加します。なお、車輛画像は
野川電鉄さんの「バスぬりえ」を改変・彩色の上掲載させていただいております(リンクは外部サイトへ移動します)。

関連項目


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。