皆見市交通局

概要

皆見市交通局(みなみしこうつうきょく)は皆見市が運営している公共企業体。路面電車(皆見市電車)、地下鉄(皆見市営地下鉄)、トロリーバス(皆見市営トロリーバス)を運行している。市営バスは子会社の皆見市交通が、一部路線の運行を実施している。

交通局データ

皆見市交通局
Transportation Bureau of the Minami City
会社データ
局章
市章に、自動車ハンドル・鉄道手ブレーキのハンドルをかたどったマークを追加。広島県の旧某市交通局と似ているとか言わない。
会社名称 皆見市交通局
よみ みなみしこうつうきょく
英字表記 Transportation Bureau of the Minami City
設立年 1931(昭和6)年4月15日
局長 大黒利通(2011-)
事業内容 陸運業(軌道・鉄道・無軌条電車・乗合自動車)、海運業(市営渡船)、及び自動車整備業(皆見県指定第4号)
本社所在地 皆見県皆見市大西区大羽1丁目1番地(皆見市駅徒歩5分)
出納取扱金融機関 皆見銀行、五十六(いそろく)銀行、愛浜もえぎ銀行、皆見信用金庫
職員数(2013年12月現在) 183人
加盟団体(正会員) 皆見都市交通労働組合(※皆見市交通労働組合が加盟)、皆見地区交通円滑化協会、みなか協議会(Minaca発行のための加盟)
加盟団体(準会員) (現在なし。すべて正会員としての加盟)

株式会社皆見市交通
Minami-Shi Kotsu,CO. LTD.
会社データ
社章
『M』『B』を基調にデザイン。
会社名称 株式会社皆見市交通
よみ かぶしきがいしゃみなみしこうつう
英字表記 Minami-Shi Kotsu,CO. LTD.
設立年 2012(平成24)年10月1日
社長 宮間和久(2012-)
事業内容 陸運業(乗合自動車)
本社所在地 皆見県皆見市大西区大羽1丁目1番地(皆見市駅徒歩5分、皆見市交通局内)
主要取引行 皆見銀行、五十六(いそろく)銀行、愛浜もえぎ銀行、皆見信用金庫
株主 皆見市交通局(38.0%)、荻沢電鉄株式会社(22.0%)、株式会社皆見銀行(20.0%)、株式会社五十六銀行(20.0%)
職員数(2013年12月現在) 133人
加盟団体(正会員) 皆見県バス協会
加盟団体(準会員) (現在なし。すべて正会員としての加盟)





歴史


荻鉄と重複している部分も合わせて記述します。

1915(大正4)年、皆見町が市制を開始し、皆見市に昇格する。その5年後の1920(大正9)年3月、皆見市で初の乗合バス(皆見乗合自動車組合)が営業開始、続いて翌年の1921年4月に路面電車(皆見電灯)が運行を開始した。これが後の皆見市営バスおよびおぎてつバスの源流となる。その後、元号が昭和と変わる1926(昭和元)年12月、市内外で30数社にも乱立していた民営バス会社を10に統合、現在の皆見市近郊のバス路線の基礎が完成していった。そして1931(昭和6)年に満州事変が勃発、戦時ムードが高まるなか、最大の路線数を誇っていた皆見交通と、皆見電力軌道線を市有化、皆見市交通局が誕生する。市交通局は豊富な財源を裏付けに、さらに1942(昭和17)年に発布された『皆見市交通整理令』も後押しし、一時的ではあったが全てのバス路線が市営となった。1945(昭和20)年、終戦後にGHQの指示により解体され、現在の皆見市・新護屋・金皆・大洋(現在のおぎてつバス)4社態勢が出来上がった。その後変化はなかったのだが、1970年代に起こったモータリゼーションにより渋滞が慢性化、路面電車はのけ者扱いとなってしまっていた。そのため、1975(昭和50)年に15系統(現在の皆見市電小西線)(皆見市駅~市役所~小西~友柿)を残して廃止されてしまった。また、その煽りを受け大洋交通が破産した。その後荻鉄に譲渡され再建した。1980(昭和55年)、西皆見町営バス(現皆見市内)のバス路線を買収したことを皮切りに皆見市外へと路線を延伸し、高速バス含め皆見県内15市町村のうち6市町村に路線を持っていた。2012年1月、皆見エリア初の地下鉄(皆見市営地下鉄)が開業。また、一部河川および港湾内での市営渡船の運行を建設局より継承し、運行している。
2013年12月に市営バスの民営化が決定し、皆見市交通への委譲、および平行する民営他社への委譲が決まった。同時に皆見市交通の第三セクター化が行われ、荻沢電鉄、皆見銀行、五十六銀行からの出資を受け入れ、順次移管が行われている。

略歴年表


年月 出来事 日本および世界のできごと
1920(大正9)年3月 皆見市内で皆見乗合自動車組合によってバス営業運行開始 新婦人協会が設立(日本)
1921(大正10)年4月 皆見市内で皆見電灯によって路面電車の運行開始 日本でメートル法導入
1926(昭和元)年12月 皆見市内で乱立していた民営バス会社を統合する 大正天皇崩御、昭和と改元(日本)
1931(昭和6)年4月 皆見交通と皆見電力軌道線を統合し、皆見市交通局発足 9月、柳条湖事件(中国)
1942(昭和17)年8月 皆見市交通整理令より市内交通が市交通局へ統合、一元化 マンハッタン計画開始(米国)
1945(昭和20)年8月 市交通局を解体、4社局体制へ ポツダム宣言受諾、終戦(日本・米・露他)
1970年代、モーターリゼーションが皆見地区にも波及
1975(昭和50)年4月 皆見市電車が現在の小西線を除き廃止 ベトナム戦争終結(ベトナム)
1980(昭和55)年4月 西皆見町営バスを買収、市営バス路線へ組み込み 広島市が10番目の政令指定都市へ(日本)
1985(昭和60)年3月 皆見島乗合組合を買収 東北新幹線大宮~上野間延伸開業(日本)
同年5月 高速バスの運行を開始 男女雇用機会均等法成立(日本)
1986(昭和61)年4月1日 一部路線の乗降方式の改正。前降り前乗りから後ろ乗り前降りへ 男女雇用機会均等法施行(日本)
1990(平成2)年6月15日 皆見市が政令指定都市へ移行 化学兵器廃棄条約に署名(米・露)
1994(平成6)年6月30日 一般路線バスの乗降方式を後ろ乗り前降りへ統一 村山富一内閣発足(日本)
1995(平成7)年4月1日 貸切バスの運行開始 ワルシャワで地下鉄開通(ポーランド)
1999(平成11)年6月 皆見市営渡船を市建設局から移管 AIBO発売(日本)
2012(平成24)年1月1日 皆見市営地下鉄開通 NASAの月探査機軌道入り(米国)
2012(平成24)年10月 一部路線を傘下の子会社、皆見市交通へ委託 ビートルズ、レコードデビュー五十周年(米国)
年月 出来事 日本および世界のできごと

車輛


皆見市電車

通常のボギー車を導入している。なお、連接車も2008年に導入している。現在、路線の拡張などが検討されているが、街道の整備など課題が多く、暗礁に乗り上げている。

皆見市営バス・皆見市交通バス


市営バスから引き継いだ、青色をベースとしている。戦後の市営バス解体の際、各社に振られた(市営:青、大洋<現荻鉄>:橙、新護屋:赤<紅>、金皆:緑)カラーを継承している。なお、車番はナンバーの番号を振っている。メーカーはばらばら。高速・観光は日産/UDを中心に投入している。最近では羽野自動車大洋ディーゼル半田磐原バス製造からも導入を行っている。
また、排気ガス規制が敷かれていないため、ありとあらゆる車種が導入されている。
詳しくはこちら、皆見市交通の車輛を参考に。

皆見市営地下鉄

乗入れ先の荻沢電鉄に性能を合わせているため、車輛形状以外はほぼ同一。なお、『皆見市都市交通交通円滑化審議会答申』による『皆見市営地下鉄一号線乗入協定』により、車輛形式は荻鉄が100~900番台、皆見市が1000番台となっている。

1000系

乗り入れ先の荻鉄電車260系と同仕様で製造された車輛。清師車両センターに6連12本が在籍している。月見線の開業に向け、6連7本が追加された(なお260系の色違いとなるため、便宜的に1200系として区別している。編成は同一)。
なお間接的に直通している中部鉄道、錨河鉄道の保安装置、無線、方向幕、自動音声を装備している。
6両編成
1001F~1012Fの12本が在籍。なお1300・1400は増結予定があるため欠番。
←玉原ニュータウン・(荻鉄)皆見市 沖野仲居空港・(市交)皆見市→
< > < >
1000(Tc) 1100(M'1) 1200(M1) 1500(M'2) 1600(M2) 1700(T'c)
ATC・ATS・ATO VVVF・CVCF CP VVVF・CVCF CP ATC・ATS・ATO

1100系

南北線用車輛として開発中。

皆見市営渡船

建設局より継承した小型船舶により運行を行っている。

皆見市営トロリーバス

荻鉄と同一のため割愛。

路線


皆見市電車(軌道線)

リンクの無い路線は廃止路線(カッコ内斜体が廃止日)。注記の無い場合、バス代替。
尚アンダーラインの路線はトロリーバス路線(共同運行:荻沢電鉄)
  • 小西線(皆見市駅~大国会館~小西)
  • 皆見西高校線
  • 清師線(1974.4.1)※ただし、下記の皆見市営地下鉄として復活済み。
  • 西皆見線(1973.12.31)荻鉄電車安嘉比線として復活済み。ただし中途停留所は金皆交通バス代替。
  • 太並線(1972.9.15)
  • 皆見大洋線
  • 七海線(1974.4.1)

皆見市営バス(自動車線)

元市営バス。
各路線ごとの営業係数を公表しており、市営バスの積極的な利用を呼び掛けている。
詳しくは皆見市営バスの路線を参考に。

皆見市営地下鉄(鉄道線)

以下の1路線を保有、2路線を建設中。
皆見市営地下鉄清師線(1号線)※一部区間は旧皆見市電車清師線の免許復活の上建設。
皆見市営地下鉄月見線(2号線)
皆見市営地下鉄南北線(3号線)

皆見市営渡船

建設局時代に恋ノ浜村営航路を継承した1航路を除き、無賃。4航路が運行中。有料航路である恋ノ浜渡は自動車航送可能。

運行中の航路

  • 恋ノ浜渡(皆見港~恋ノ浜島港、 有料・片道おとな100円 )-皆見市営渡船最古の航路(安永年間運航開始、戦時中断を挟み今なお現役)。
  • 大瀧島渡(大瀧島~大子山、無料)-皆見町~皆見市営渡船が開設した航路としては最古(1910<明治43>年4月運航開始、戦時中断を挟み今なお現役)。
  • 言銭(ごんぜん)渡(言霧~銭座、無料)-皆見市営渡船最新の航路(1967<昭和42>年6月運航開始)。
  • 時計台渡(時計台~一平、無料)-戦時中でも唯一運航されていた航路(1931<昭和6>年9月運航開始)。

過去に運行していた航路

  • 七海渡(七浜~海川、無料)-架橋による市電車→市営バス代替(1932<昭和7>年7月運航開始、1958<昭和33>年9月15日七浜大橋架橋による市電代替<市電開通は1946、共用化が七浜大橋による>、1974<昭和49>年4月1日市電代替による市営バス代替)
  • 聖蹟渡(聖蹟浜~小野山、無料)-架橋による大洋交通バス(おぎてつバス)代替(1922<大正11>年2月運航開始、1958<昭和35>年6月28日小野山橋架橋による大洋交通バス代替)
  • 皆見島渡(皆見島港~西皆実、有料)-荻鉄譲渡(1936<昭和11>年4月運航開始、1980<昭和55>年4月西皆見町営バス買収とともに買収、2010<平成22>年6月17日荻鉄譲渡、現在も運航中<皆見島航路>)

車内アナウンス


軌道線・高速鉄道線

一例として、清師線のものをあげる。
放送箇所 内容 付記
始発駅停車中 (チャイム)本日は、市営地下鉄清師線をご利用頂き、誠にありがとうございます。この電車は、県庁前、皆見市方面、荻沢電鉄直通の沖野仲居空港行き普通です。終点の沖野仲居空港まで、各駅に止まります。発車まで、しばらくお待ち下さい。Thank you for ridding at Minami-City Subway Kiyoshi line. This is Local train bound for Okino-Nakai Airport via Perfecture Hall, Minami-Shi, and direct running to Ogisawa Railroad.
始発駅発車直後 (チャイム)本日は、市営地下鉄清師線をご利用頂き、誠にありがとうございます。この電車は、県庁前、皆見市方面、荻沢電鉄直通の沖野仲居空港行き普通です。次は、板坂高専前、板坂高専前です。降り口は左側です。Thank you for ridding at Minami-City Subway Kiyoshi line. This is Local train bound for Okino-Nakai Airport via Perfecture Hall, Minami-Shi, and direct running to Ogisawa Railroad.Next station is Itasaka College, Doors will left side will open.
到着前 間も無く、板坂高専前、板坂高専前です。降り口は左側です。ドアにご注意下さい。We will brief stopping at Itasaka College.Doors left side will open.
中間駅発車後 次は、尾平、尾平です。お出口は右側です。Next station is Onohira. Doors right side will open.毎日の通勤通学、日々のお買い物、家族のピクニックに、是非市営地下鉄などの公共交通機関をご利用下さい。Do! Ecommuter. 皆見市からのおしらせでした。
終着駅 (チャイム)次は終点、皆見市、皆見市です。市電小西線、トロリーバス皆見大洋線、皆見西高校線、中部鉄道線、荻沢電鉄線、市内各路線バスはお乗り換えです。お忘れ物の無いよう、今一度ご確認ください。本日も、市営地下鉄清師線をご利用頂きましてありがとうございました。またのご利用をお待ちしております。Passengers, Thank you for ridding at Minami-City Subway Kiyoshi Line. Next station is Minami-Shi. Our final destination. Please change for Tyubu Railroad ,Ogisawa Railroad, City Streetcar Konishi line, Trolley bus Minami-Taiyo line, Minami West Highschool Line, and bus lines. Do not forget your baggage at subway! We hope to seen again at our subway.
放送箇所 内容 付記

自動車線(皆見市交通)

放送箇所 内容 付記
始発停留所 (チャイム)本日も、皆見市交通をご利用下さいましてありがとうございます。このバスは20系統、バスターミナル、北区役所前、皆見川城駅経由、山脇駐車場行きです。安全な運行を心がけておりますが、やむを得ず、急ブレーキを使用する場合がございます。座席にお座りになるか、つり革、または手すりにおつかまりください。次は、宮間通り二丁目、宮間通り二丁目です。Thank you for ridding at Minami-Shi Kotsu Bus. This bus line Route 20 bound for Yamawaki-Parking via Minami Bus terminal, Minami-Kawashiro Station. Next Stop is Miyama-Dori 2nd
途中停留所(主要) 次は、皆見バスターミナル、皆見バスターミナルです。市外線バス、護屋・金島方面高速バスはお乗換えです。Next stop is Minami Bus terminal. Please change here to Minami urban area Bus and Highway Bus for Goya and Kaneshima.
途中停留所(その他) 次は、与名間二丁目、与名間二丁目です。
終着停留所 (チャイム)次は、終点の山脇駐車場、山脇駐車場です。お忘れ物の無いよう、今一度お手回り品をご確認ください。本日も、皆見市交通をご利用いただきまして、ありがとうございました。またのご利用をお待ちしております。Passengers, Thank you for ridding at Minami-Shi Kotsu. Next stop is Yamawaki-Parking. Our final destination. Do not forget your baggage at bus! We hope to seen again at our Bus.

営業所一覧

なお、 赤文字 は荻鉄と共同使用。

鉄道線・軌道線車両基地・乗務員区所

  • 大町車両センター:皆見市電車全車両が在籍。所属略号、 皆オマ 。乗務区間は皆見市電全線。
  • 清師車両センター:皆見市営地下鉄全車両が在籍。所属略号、 皆キヨ 。乗務区間は市営地下鉄全線。

乗合自動車営業所(皆見市交通)

  • 皆見中央営業所:皆見市交通局ビル一階。
  • 西営業所 :皆見市役所よりバス15分。
  • 皆見営業所 :荻沢電鉄乗合自動車事業部皆見基幹営業所内。
  • 君原営業所

運賃体系


運賃体系は、おぎてつバスと同等の体系となっている。

軌道線(皆見市電車)

  • 一乗車大人150円子供80円。
    • 市営地下鉄・バス・荻鉄電車との乗継(市交・荻鉄・中鉄・北浜拓殖交通・新護屋バス・金皆交通・剣自動車交通)の場合は50円引き。市営バス、荻鉄との乗継の場合は、さらに鉄道・バス運賃から50円引き。

鉄道線(皆見市営地下鉄)

乗車距離(km) 大人料金 子供料金
初乗り3km 200円 100円
6kmまで 230円 120円
9kmまで 250円 130円
12kmまで 270円 140円

鉄道線乗継運賃割引

荻鉄電車との連絡切符で、皆見市営地下鉄線内を6km以上乗車する場合、大人40円子供20円を市営地下鉄運賃から割引。

乗合自動車線(皆見市交通バス路線・普通運賃)

乗車距離(km) 大人料金 子供料金
初乗り2km 120円 60円
5kmまで 140円 70円
8kmまで 160円 80円
10kmまで 200円 100円
12kmまで 230円 120円
14kmまで 270円 140円
16kmまで 300円 150円
18kmまで 340円 170円
20kmまで 380円 190円
23kmまで 410円 210円
27kmまで 450円 230円
31kmまで 510円 260円
36kmまで 570円 290円
41kmまで 640円 320円
50kmまで 710円 360円
56kmまで 820円 410円
60kmまで 890円 450円
67kmまで 940円 470円
71kmまで 1030円 520円
72km以上 以降1km毎に12円53銭づつ追加 以降1km毎に6円27銭づつ追加
運賃基準賃率
20kmまでの範囲 17円90銭 8円95銭
21kmを超え41kmを超えない範囲 14円32銭 7円16銭
41km以上の範囲 12円53銭 6円27銭

  • 高速バス特定運賃:上記表より算出した料金の1.1倍。
  • 均一区間:均一区間は1乗車あたり。
    • 皆見市内:150円
    • 皆見島内:150円
      • 均一区間と対キロ制区間を跨ぐ場合、または鉄道と乗り継ぐ場合は100円。
      • なお、障害者並びに付き添い1人まで半額。適用には手帳の提示が必要。

運賃計算の特例・注意

  • 運賃計算の際に出た端数(キロ数も)は四捨五入にて計算のこと。

きっぷ・トクトク切符


トクトクきっぷ一覧
  • 1日乗車券
皆見市電車・皆見市/荻鉄トロリーバス・皆見市交通バスの市内線区間および皆見市営地下鉄が1日乗り放題となるきっぷ。大人500円・子供250円。

ICカード


ICカードは2012年1月より、荻鉄などが導入しているICカード、Minaca(みなか)を導入し、市電車・市営地下鉄・皆見市交通のどれでも使用可能。

貸切運賃


列車、バスの貸切運用も行っている。

列車貸切

列車貸切運賃は、基本的に『貸切区間大人普通運賃×その車両の着席定員』を基準に、団体割引を行ったもの。予約は使用日の1年前から一ヶ月前まで受付。臨時ダイヤを組む必要があるため、天災などの緊急性を要する場合以外は期限を越えての予約は不可。

バス貸切

バス貸切運賃は鉄道と同様、『貸切区間キロ程大人普通運賃×その車両の着席定員』を基準に、団体割引を行ったもの。予約は使用日の1年前から20日前まで受付。車輛運用上、天災などの緊急性を要する場合以外は期限を越えての予約は不可。

映像撮影などに係る貸切について

鉄道・バス・航路問わず撮影に係る貸切については、撮影機材搬入などに時間を要すため、別途取り扱いを行なっている。
また、撮影に際し計画書の提出が必須となる。皆見市のイメージダウンに繋がる場合はお断りすることがあるため注意。イメージに併せて塗装変更やシールなどの貼付を行う場合は、さらに追加料金を要するため要相談。エキストラや駅構内の保安などは、皆見市側(当局および皆見市観光課フィルムコミッション対策部)および連携しているみなみフィルムコミッション・荻沢電鉄映像コミュニケーション部などで行うため、別途手配する必要はない。また、必要に応じて車輛内、駅構内および駅外部の掲示物や駅売店の外観などを変更可能。また、車庫内等での撮影も可能。詳しくはお問い合わせを。


マスコットキャラクター


皆見市交通局のマスコットは決定しておらず、荻鉄のマスコット、『荻沢みなみ』を暫定的に使用している。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。