※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

HTTP 認証マネージャ (HTTP Authorization Manager)


概要

ブラウザで表示されるようなログイン認証を行います。
「結果をツリーで表示」リスナーでは認証ヘッダーは表示されません。

  • 関連URL

画面

初期画面

TBD

項目

大項目 小項目 概要 備考
Apply to - アサーションの対象となる実行先 -
Main sample and sub-samples メインサンプラーとサブサンプラーに対してアサーションを実行 -
Main sample only メインサンプラーのみに対してアサーションを実行 -
Sub-samples only サブサンプラーのみに対してアサーションを実行 -
JMeter Variable JMeterの変数に対してアサーションを実行 -
テストするレスポンスフィールド - アサーションの対象となるテキスト -
テキストのレスポンス HTTP Headerを除くレスポンステキストに対して実行 -
Document(text) Apache Tikaを使用して抽出したテキストに対して実行 -
サンプリングされた URL URLに対して実行 -
応答コード 応答コードに対して実行(例:200) -
応答メッセージ 応答メッセージに対して実行(例:OK) -
Response Header Cookieヘッダーにも含むヘッダーに対して実行 -
Ignore Status 4xx and 5xxなどのステータスに対しては実行しない -
Mechanism - 認証アルゴリズムの選択。ただしHTTPサンプラーによって使用できる認証アルゴリズムは異なる -
BASIC HTTPサンプラーがJava、HttpClient3.1、HttpClient4のときに使用可能 -
DIGEST HTTPサンプラーがHttpClient3.1、HttpClient4のときに使用可能 -
Kerberos HTTPサンプラーがHttpClient4のときに使用可能 -


TDB


更新日時:2014-06-29
タグ:Apache JMeter