※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

せっかくメル友ができたのに、やり取りを数回して終わりというのは寂しいですし、真面目な出会いを求めていた私は、メル友と少しでも長続きできるようにと思っていました。長続きできるメル友というのはこれまではいなかったのですが、関係を少しでも深いものにするために、メールでのコミュニケーションにも気を使いましたね。メールだけでやり取りをするってすごく難しいことなのですが、居心地がいい距離を保てるように努力しました。ある程度の関係ができあがっている相手への返事を返すタイミングも、できるだけ早くするようにしていました。遅くても3時間以内には返すようにしていましたね。(できれば就寝前が私的には良かったのですが・・)

返信が面倒な時もありましたが、候補の男性が見つかるまでは続けました。短いメル友関係だと結局相手のことが何もわからずじまいになるので、広く薄くの関係はあまり意味がないように私には思えたからです。

返信をしないとか、メールがたくさん来てるのに数日放置するとか、そういうことをすると相手からいい加減だと思われたり、「興味がないのかな」と思われたりするので、だからメル友の関係が終わってしまうんですよね。だから私の場合、これまではそんなに頻繁にメールのやり取りをする習慣はなかったのですが、メールのスタンスを把握するためにできるだけ返事はするけど、遅くなったらごめんねと一言付け加えておきました。

仕事や友達と食事に出かけていて返事が遅くなるようだったら、「これから友達と食事に行ってきます。メールの返事が遅くなったらごめんね」というメールをあらかじめ送っておきました。これで相手もメールの返事が遅いことを了解してくれるので安心してやり取りできました。これくらい段取りをしないと居心地のいい距離をメールだけで保つのは難しいのではないかと実際思いますね。