井ノ口忠男


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【井ノ口忠男】
日本大学アメリカンフットボールのコーチ
追手門学院高等学校の出身。追手門学院高等学校はアメフトの強豪校であり、卒業生には数多くの甲子園ボウル出場選手がいる。1976年に卒業した井ノ口忠男は1978 年の3年時に第33回甲子園ボウルにて最優秀守備選手受賞した。

その他の受賞者 第33回甲子園ボウル
ミルズ杯(年間最優秀選手賞) 金井義明 日本大学 クォーターバック
甲子園ボウル最優秀選手賞 金井義明 日本大学 クォーターバック
最優秀攻撃ラインマン賞 都井伸治 日本大学 オフェンスライン
最優秀守備ラインマン賞 仁科明弘 日本大学 ディフェンスライン
最優秀守備選手賞 井ノ口忠男 日本大学 ラインバッカー
甲子園ボウル敢闘賞 越中啓至 関西学院大学 ランニングバック

【日本大学アメリカンフットボール部 通称:フェニックス】
創部:1940年
部長:加藤直人
監督:内田正人
ヘッドコーチ:森琢
コーチ:井ノ口忠男
通称:フェニックス
ホームグラウンド:日本大学アメリカン フットボール競技場
スローガン:「剛毅果断」 意志が堅くて強く、くじけないこと、物事を思い切って行うと、決断力のある様
日本選手権優勝(ライスボウル):4回
学生日本一優勝(甲子園ボウル):20回(同点優勝含む)
関東学生リーグ優勝:32回

【ライスボウル】
アメリカンフットボールの日本一のチームを決定する選手権試合のこと。正式名称はアメリカンフットボール日本選手権 第○回ライスボウルである。後ろに協賛企業の名が付く。最多優勝はオービックシーガルズ7回である。
1948年から学生オールスターの東西対抗戦として1月15日の前後に行われてきた。1983年度ら日本選手権として位置付けられ、学生代表(甲子園ボウル優勝チーム)と社会人代表(ジャパンXボウル優勝チーム)が直接対決する形となった。併せて毎年1月3日に開催されるように変更された。

【甲子園ボウル】
全日本大学アメリカンフットボール選手権大会の決勝戦のこと。正式名称はパナソニック杯毎日甲子園ボウルである。毎年12月の第3日曜日に、兵庫県西宮市にある阪神甲子園球場で行われ、主催は日本アメリカンフットボール協会と毎日新聞社、特別協賛は2008年からパナソニックグループが務めている。
2008年度までは「東西大学王座決定戦」として、関東学生リーグと関西学生リーグの王者同士が対戦する形で大学王座を争った。2009年のシーズンから、全国8連盟による全日本大学選手権の開始と共に、その決勝戦としての舞台に移行した。