【狩】<<全般>>狩人がCOすべき場面について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

非常に悩ましいパターンが多い

猫又と異なり、狩人が出るべきか否かのタイミングについては非常に判断に悩むことが多いです。
正直言うと私もあまり自信はないです。
ので、ややこしいパターンを除いて基本的なものを掲載していきます。

①●を打たれて指揮役にCOを聞かれた場合
進行的に自分にCOを聞くのが筋である場合は仕方なく狩人COせざるを得ません。
進行的におかしい場面でCOを聞かれた場合は黙っておきましょう。
2日目や3日目なら黙って死んだ方が良いと言う人もいますが、3日目は問答無用でCO安定だと思います。
2日目は難しいところですが私なら出ます。出た上で真占いには潜伏しつつ銃殺を狙わないような指示を出します。

②信用勝負において11人奇数の日に完全グレーにいる場合
狩人COすることで奇数のまま自分を噛ませる方が良いです。
占い即噛まれ展開ではまだ出なくて良い…と思います多分。

③真確定している占い視点詰んだ場合
狩人日記と同時にCOして詰みをアピールしましょう。

④占い死亡後の9人奇数か7人奇数の日になった場合
ここで出る理由は「今後2GJを出して吊りを増やす事はほぼ厳しいから」です。
7人は確実に出ましょう。9人の日は…賛否両論ありますが私は出て良いと思います。

⑤護衛してGJが出たと思われる占い師が決め打ちで吊られそうな時
狩人COして「その占い師を護衛したら死体なしが出ています」とアピールしましょう。
狐噛みの場合大変なことになる場合がありますが、そこまで考慮してられません。
また、狩人視点で信じている占いに護衛で銃殺GJが1度でも発生してそうな可能性が高い場合も出て良いです。

⑥10人偶数、8人偶数で対抗狩人が2人以上出た場合
自分も狩人COして人外2露出をアピールしましょう。
対抗1人なら潜っておいても良いです。吊りを増やせる可能性もありますから。
※あくまでも目安です。現在の残り人外数に応じて臨機応変に対応しましょう。残りLWのみなら何が何でも対抗狩人COです。

⑦6人偶数、4人偶数で対抗狩人が1人でも出た場合
自分も出ることで村にしっかり護衛指示を行わせ、詰みを目指そうと心掛けるようにします。

⑧狐死亡確定後にグレー護衛でGJが出た場合
珍しいパターンですが、この後自分が噛まれた時点で護衛先も村認定できるわけですから、偶数でも自発的に出て良いでしょう。

パターンが多くてややこしいですが

  • GJが出た占い師を見殺しにしない
  • 終盤の奇数なら自発的に出て良いことが多く、偶数なら自発的に出るのはあまり良くない
と覚えておきましょう。